クリアメモリ

プログラミングやガジェットレビュー、便利なアプリケーションなど雑多に記録するブログ

【NiZ Plum 84 レビュー】スプリングで45g荷重にカスタマイズしてみた!重いキーが好きな人にオススメです

f:id:clrmemory:20180702193048p:plain

こんにちはクリアメモリです!

今回は、以前レビューした「NiZ Plum 84」に付属していた「カスタマイズパーツ」を使ってみたので改めてレビューします。

 

付属の「スプリング」を装着することで、もともと「35g」だったキー荷重を「45g荷重」にアップすることができます。

個人的には、スプリングありの方がオススメ。

 

カスタマイズ後は、キーの打ち心地や音が変わってくるのでチェックしてみてください。

 

はじめに

 

以前レビューを行なった「NiZ Plum 84」がこちら。

www.clrmemory.com

 

詳しい仕様や、カスタマイズ前のタイピング音などについては、こちらの記事から確認してみてください。

今回は、NiZ Plum 84に付属していた「スプリング」を使ってカスタマイズしてみたのでレビューします。

 

スプリングで重さを調整する

 

NiZ Plum 84に付属していた「スプリング」がこちら。

 

f:id:clrmemory:20180702183039p:plain

f:id:clrmemory:20180702183228p:plain

 

言っちゃえば、本当にただのバネ(スプリング)です。

このようなスプリングを追加することで、キー荷重(タイピング時の重さ)を重くすることができます。

 

購入時のキー荷重が「35g

先ほどのスプリングを追加することで「45g」にアップできるので、重ためのキー荷重が好きな人にオススメ。

 

キーボードの気分転換がしたい方も試してみてください。

 

実際に追加した感想としては、しっかりタイピングできて若干音が大きくなった感じ。

これまでメカニカルキーボードを使っていた私にとっては、キー荷重は重い方がタイピングしやすかったです。

 

スプリングの数

 

先ほど、NiZ Plum 84にはもともとスプリングが付属していたと紹介しましたが、全てのキーに使えるわけではありません

 

f:id:clrmemory:20180702184515p:plain

 

実際に付属していたスプリングの数は「51個

私は「アルファベット」「数字」「スペース」「矢印」など、基本的によく使うキーにスプリングを追加してみました。

 

「右Shift」や「endキー」など、使う機会の少ないキーには付けないというように、スプリングを追加するキーを厳選してください。

 

スプリングを追加する方法

 

NiZ Plum 84にスプリングを追加する方法は超簡単

以前レビューを行なった、メカニカルキーボードの「静音化リング」と同じ感じでキートップを外せばOKです。

 

www.clrmemory.com

 

キートップを外すときは、付属の「キートップ外し」を使うと、比較的簡単に外せます。

 

f:id:clrmemory:20180702184943p:plain

 

ひとつずつキーを外して、以下のようにしておきましょう。

 

f:id:clrmemory:20180702184612p:plain

 

キーの配列を覚えていない方は、写真に撮ったり、キーをひとつずつカスタマイズしていくのがオススメ。

実際にキートップを外すと、以下のようになっていました。

 

f:id:clrmemory:20180702184643p:plain

 

ここにスプリングを乗せるだけですね。

 

f:id:clrmemory:20180702184702p:plain

 

あとは外したキートップを元に戻せばOK。

たったこれだけで、キー荷重を45gにカスタマイズできました。

 

実際に使ってみた

 

実際に使ってみた感じとしては「キーの押した感」がよりしっかりしたことで、タイピングしやすくタイプミスが減ったような気がします。

また、も若干変化があったので録音してみました。

 

 

タイピングした感じは「ちょっと音が大きくなったかな」というくらい。

よく聞くと「バネ」の音が聞こえるのですが、録音して初めて気が付きました。

 

「音の変化はそこまで無い」と考えて良いと思います。

 

私は、タイピング時に指が引っかかって「意図しない jキー」などが入力されることが多かったのですが、キー荷重をアップしてからはなくなりました。

おそらく、反応するまでにかかる力が変わったからだと思います。

 

とは言っても、強く押さなくては反応しないわけではありませんよ。

普段通りのタイピングでOKです。

 

その他に「押した感」と似ているのですが、キーをちゃんと押しきれなくて「空振りする感じ」が減った気がします。

全体的な感想としては、もともと打ち心地の良いキーボードがさらに自分好みになりました。

 

付属品なので、お試しで追加してみるのもありですね。

ぜひ試してみてください。

 

NiZ 静電容量無接点方式 35g荷重 USB/Bluetooth 4.0両対応 コンパクト プログラマブル 英語配列キーボード

 

まとめ

 

今回紹介した「NiZ Plum 84 カスタマイズ用スプリング」を使うことで、キーボードの打ち心地を変えることができました。

重たいキー荷重が好きな方や、キーボードの気分転換がしたい時に試してみてください。

 

www.clrmemory.com

 

ではまた。

新着記事