クリアメモリ

プログラミングやガジェットレビュー、便利なアプリケーションなど雑多に記録するブログ

【Chuwi Hi9 Air レビュー】技適が付いた10インチタブレット!10コアのCPUや4GBメモリを搭載!

f:id:clrmemory:20180627165417p:plain

こんにちはクリアメモリです!

今回は、GearBestから販売されている「Chuwi Hi9 Air」というAndroidタブレットをレビューします。

 

技適(技術基準適合証明)が付いているので、日本国内でも安心して使えちゃいます。

「Hi9」という名前ですが、実際は10インチのタブレットで、ぱっと見はiPadに似ているのでチェックしてみてください。

 

はじめに

 

今回レビューするアイテムは「Chuwi Hi9 Air

本製品は、GearBest様よりご提供いただきました。ありがとうございます。

 

f:id:clrmemory:20180627161944p:plain

f:id:clrmemory:20180627162004p:plain

 

ぱっと見はメタリックで、縁はiPadっぽい丸みを帯びたデザインになっていました。

背面は黒を基調としているのでカッコ良い感じになっています。

 

Chuwi Hi9 Airのざっくりレビュー

  • 薄くて持ち運びやすい
  • カラーは黒
  • ぱっと見はiPadに似ている
  • 10インチの大画面タブレット
  • 10コアCPU&4GBメモリ
  • OSはAndroidで日本語化も超簡単
  • 前後にカメラを搭載
  • バッテリー容量は8000mAhもある
  • MicroSDカードによるストレージ拡張も対応
  • 価格の割にスペックが高い
  • ただし、重たいゲームは難しいかも
  • 技適マーク(技術基準適合証明)付き

 

後でまた詳しく紹介しますが「技適マーク(技術基準適合証明)」が付いているので、日本国内での利用や技適のないスマホ・タブレットの利用に抵抗がある方でもOK

安心して利用できるのでオススメです。

 

f:id:clrmemory:20180627163625p:plain

 

執筆時現在、価格は「199ドル」でした。

かなり高コスパなタブレットですね。

 

似た名前のタブレットで「Chuwi Hi9」がありますが、スペックや価格を見た感じ全く別物。

Chuwi Hi9 Airが廉価版というわけではないみたいです。

 

Chuwi Hi9 Chuwi Hi9 Air
価格 165.99ドル 199.99ドル
画面サイズ 8.4 10.1インチ

 

それでは、Chuwi Hi9 Airの配送状態や付属品をチェックしていきましょう。

 

配送状態

 

Chuwi Hi9 Airの配送状態はこんな感じ。

 

f:id:clrmemory:20180627162028p:plain

f:id:clrmemory:20180627162043p:plain

 

エアークッション(緩衝材)に入って送られてきたので本体に傷や不具合はなく、バッチリ起動することができました。

箱は「Chuwi」のロゴが入っただけのシンプルなデザインになっています。

 

f:id:clrmemory:20180627162118p:plain

 

付属品

 

Chuwi Hi9 Airの付属品は以下の通り。

  • タブレット本体
  • 充電ケーブル(MicroUSB)
  • 電源アダプタ(EUプラグ)
  • 液晶保護シート
  • 取扱説明書

f:id:clrmemory:20180627162132p:plain

 

液晶保護シートは初めから貼られており、「2のシート」を剥がすだけでOK。

 

f:id:clrmemory:20180627162141p:plain

f:id:clrmemory:20180627162157p:plain

 

こんな感じで、もともと貼られているシートの上部分を剥がすだけなので、失敗もなく綺麗に貼ることができました。

 

電源アダプタは「EUプラグ

このままだと日本で使えないので、すでに持っているものを使うか、各自用意してください。

 

f:id:clrmemory:20180627162244p:plain

f:id:clrmemory:20180627162247p:plain

 

取扱説明書も付属していたのですが、英語や中国語が多く、あまりよくわかりませんでした。

とはいっても、基本的に説明書を見ながら作業する必要はなく、Androidを使ったことがある方なら全く問題ないので安心して大丈夫です。

 

f:id:clrmemory:20180627162322p:plain

 

筐体

 

先ほど軽く紹介しましたが、Chuwi Hi9 Airは「iPad」に似たデザインになっており、全体的に縁が丸くなっています。

 

f:id:clrmemory:20180627162344p:plain

f:id:clrmemory:20180627165659p:plain

 

本体背面は「」のマットな感じ。

下の方に「CHUWI」のロゴが入っていました。

 

f:id:clrmemory:20180627162356p:plain

 

Chuwi Hi9 Airはタブレット本体が薄いので、持ち運びにも優れていると思います。

厚みも「ノート」よりちょっと厚いくらいなので、カバンの中で邪魔になることはなさそうですね。

 

f:id:clrmemory:20180627162413p:plain

 

オンスクリーン

 

本体の物理ボタンは「スリープボタン」と「音量(上下)」のみになっており、ホームボタンや戻るボタンは「オンスクリーン」を採用しています。

 

f:id:clrmemory:20180627162432p:plain

 

これらの位置は、タブレットを横持ちにした時の「右側

縦画面のアプリで使う場合、スリープや音量ボタンが「下」になってしまうことがあったので、アプリによっては音量調整やスクリーンショットが使いにくいかもしれません。

 

画像では伝わりにくいと思いますが、Chuwi Hi9 Airの音量(スリープ)ボタンは比較的しっかり作られていて、操作した時のポチっという「押した感」が気に入っています。

 

f:id:clrmemory:20180627162447p:plain

 

端子

 

Chuwi Hi9 Airの端子は「3.5mm ヘッドホン端子」と「Micro USB端子」のみ。

MicroUSB端子は「充電」でも利用します。

 

f:id:clrmemory:20180627162455p:plain

 

MicroUSB端子は、しっかり作られているからか接続時にパチっという感じで接続できます。

その他に、本体背面にある「パーツ」を取り外すことで「TFカード(MicroSDカード)」によるストレージの拡張が可能。

最大128GB」まで拡張できるので便利ですね。

 

f:id:clrmemory:20180627162515p:plain

f:id:clrmemory:20180627162545p:plain

 

ただし、このパーツは「本体上部にある窪み」に爪を引っ掛けてパチっと外すタイプで、あまり丈夫ではなさそうな感じです。

頻繁に付けたり外したりとなると大変ですし、パーツが破損する危険性もあるので、Micro SDカードを使ってデータを移動させたい人は注意してください。

 

f:id:clrmemory:20180627162555p:plain

 

前後にカメラを搭載

 

前後にカメラを搭載しており、背面カメラの隣には「フラッシュライト」が付いています。

 

あとでまた紹介していますが、タブレットにしては背面カメラの性能が高め。

13.0MPのカメラを搭載しているんです。

 

f:id:clrmemory:20180627162603p:plain

 

またフラッシュライトが搭載されているので、タブレット側から操作すれば「懐中電灯」のような使い方もできちゃいます。

フラッシュライトが付いたタブレットは割と珍しいですね。

 

f:id:clrmemory:20180627162623p:plain

 

スピーカーは本体上部

 

Chuwi Hi9 Airの「スピーカー」は本体上部に付いています。

(横画面で持った時の位置)

 

f:id:clrmemory:20180627162630p:plain

f:id:clrmemory:20180627162848p:plain

 

ちょっと変わった位置に付いていますが、実際に使ってみた感じとしては、手や机などでスピーカーが隠れないため意外にありだと感じました。

今のところ、スピーカーが上部に付いていて不便に思ったことはありません。

 

スペック

 

ここで一旦、Chuwi Hi9 Airのスペックをチェックしておきましょう。

Chuwi Hi9 Airのスペックはこんな感じ。

スペック
システム Android 8.0
CPU MTK6797 デカコア
CPU Mali T880
メモリ 4GB
ストレージ 64GB
画面サイズ 10.1インチ
ディスプレイ IPS液晶
カメラ(背面) 13.0MP
カメラ(前面) 5.0MP
バッテリー容量 8000mAh
重量 0.5500kg
Bluetooth 4.2
ネットワーク
Support Network Dual WiFi 2.4GHz/5.0GHz
WIFI 802.11 a/b/g/n/ac wireless internet
2G GSM 800/900/1800/1900MHz
3G WCDMA B1 2100MHz,WCDMA B2 1900MHz,
WCDMA B5 850MHz,WCDMA B8 900MHz
4G B1 2100MHz,B2 1900MHz,B20 800MHz,B3 1800MHz,
B5 850MHz,B7 2600MHz,B8 900MHz,TDD B40 2300MHz

f:id:clrmemory:20180627162920p:plain

 

デカコア(10コア)のCPU」や「4GBメモリ」を搭載。

GPUにも「Mali T880」を搭載した高コスパな性能になっています。

 

実は、スペックだけ見ると、以前レビューを行なった「VOYO i8 Max」と同じなんです。

www.clrmemory.com

 

本体のストレージは「64GB」ですが、TFカード(MicroSDカード)によって「最大128GB」まで拡張可能。

先ほど紹介した通り、MicroSDカードの取り付けは面倒くさいので注意してください。

 

日本語OK

 

10インチのタブレットとは言っても「OSはAndroid」なので、基本的な操作はAndroidスマホと同じ。

 

f:id:clrmemory:20180627162956p:plain

 

そのため、Google PlayStoreを使って簡単にアプリをインストールできますし、設定アプリから「日本語」を選択するだけでOK。

初回起動時に設定するだけなので超簡単でした。

 

f:id:clrmemory:20180627163311p:plain

 

普段Androidスマホを使っている方は、慣れ親しんだ操作で使えるので便利ですね。

 

カメラ性能

 

先ほど紹介した通り、Chuwi Hi9 Airは「13.0MP」の背面カメラを搭載しています。

実際に撮影してみた写真がこちら。

 

f:id:clrmemory:20180627170936p:plain

 

タブレットにしては綺麗に撮れていますね。

フロントカメラ(インカメラ)は「5.0MP」と低いですが、ビデオチャットやちょっとした自撮りであれば問題なく使えると思います。

 

バッテリー容量が多い

 

先ほどのスペックを見るとわかるのですが、Chuwi Hi9 Airのバッテリー容量は「8000mAh」と、タブレットの中でも比較的大容量のバッテリーを搭載しています。

 

f:id:clrmemory:20180627170336p:plain

 

実際に使ってみたところ、長時間のゲームや動画視聴でも充電残量を気にすることなく使えました。

 

重量

 

Chuwi Hi9 Airの重量はこんな感じ。

 

f:id:clrmemory:20180627163424p:plain

 

結果は「557g

商品ページに載っている重量とほぼ同じくらいになりました。

 

iPadと比べても、Chuwi Hi9 Airの方が少し重いくらい。

持ち運びが便利なだけでなく、本体自体がスリムなので、10インチのタブレットにしては持って操作するのも楽だと感じました。

 

f:id:clrmemory:20180627163554p:plain

 

Kindleなどで「大画面で読書したいけど端末自体が重いのはムリ。」という方にもオススメなタブレットになっています。

 

ゲームで使ってみた

 

Chuwi Hi9 Airを使って「PUBG Mobile」「荒野行動」「モンスターストライク」の3つを遊んでみました。

 

結論から先に言ってしまうと、

  • PUBGはやりにくい
  • 荒野行動は発熱はあるものの普通にできる
  • モンストはバッチリ動作

という感じでした。

 

PUBG 荒野行動 モンスト
-

 

PUBGに関しては、グラフィック設定を一番下(スムーズの低)まで下げないと、カクついたり引っかかったりします。

できないことはありませんが、画質を下げると敵キャラの詳細がほとんど見えないため、PUBG Mobileには向いていないという印象を受けました。

 

f:id:clrmemory:20180627173953p:plain

 

荒野行動も同じかと思っていたのですが、画質を「均衡」にし、フレームレートとドローディスタンスを「最大」にあげても普通に動作します。

ただし、本体が少し熱くなったり、長時間連続でやっていると重くなったりしました。

 

場合によっては、グラフィック設定を下げる必要があります。

今後のアップデートによる影響や、もっと高スペックな端末と比べると変わってくると思いますが、思いの外ちゃんとゲームできました。

 

f:id:clrmemory:20180627173939p:plain

 

モンストのようなソーシャルゲームは全く問題なし

端末が大きい分違和感はありますが、カクついたり端末が熱くなることもありませんでした。

 

f:id:clrmemory:20180627174005p:plain

 

技適(技術基準適合証明)マーク付き

 

Chuwiのタブレットといえば、最近になって多くの製品に対して「技適(技術基準適合証明)」が付きました。

Chuwi Hi9 Airにも「技適マーク」が付いており、本体背面からもバッチリ確認できます。

 

f:id:clrmemory:20180627163625p:plain

 

右から2番目が技適マークですね。

日本国内での利用も安心なので、せっかくなら技適が付いたタブレットの方が良いという方は要チェックです。

 

全体的にカッコ良い

 

Chuwiのタブレットは色々販売されていますが、全体的にみて「Chuwi Hi9 Air」も作りがしっかりしたカッコ良いタブレットという印象を受けました。

個人的には、カラーやデザインだけなら「iPad」より好きかもしれません。

 

f:id:clrmemory:20180627163709p:plain

 

  • 持ち運び安くて画面が大きなタブレットが欲しい方
  • iPadは高価で手が出ない方
  • 普段Androidを使っていて慣れたタブレットが良い方

 

ぜひチェックしてみてください。

もちろん、Appleペンシルや重たいゲームをしないという理由で、コスパが高いChuwi Hi9 Airを選ぶのもアリだと思います。

参考にしてみてください。

 

クーポンコードはこちら

 

今回、当ブログ専用で「Chuwi Hi9 Air」の専用クーポンを用意していただきました。

クーポンコードは「JPCHHi92Air」

 

適用後の価格は「192.99ドル」となっています。

クーポンコードの使い方については、こちらの記事をチェックしてみてください。

 

www.clrmemory.com

 

まとめ

 

今回レビューした「Chuwi Hi9 Air」は、デザインがカッコ良くて持ち運びに優れた「10インチ」タブレットでした。

技適マークも付いた「安心して使えるタブレット」になっているので、興味のある方はぜひチェックしてみてください。

 

www.clrmemory.com

 

ではまた。

新着記事