クリアメモリ

プログラミングやガジェットレビュー、便利なアプリケーションなど雑多に記録するブログ

【Sierra対応】Karabiner-Elementsで5ボタンマウスに戻る・進むを割り当てる方法!Qtuoマウス対応

f:id:clrmemory:20180205091804p:plain

こんにちはクリアメモリです!

今回は「Karabiner-Elements」というアプリケーションを使って、Qtuoの5ボタンマウスに「戻る」や「進む」を割り当ててみようと思います。

MacOS Sierraにも対応しているので、ぜひ試してみてください。

 

はじめに

 

今回は「Karabiner-Elementsを使って、Qtuoの5ボタンマウスに戻る・進むを割り当てる方法」について紹介します。

Qtuoマウスについては、以前レビューも行なっているのでチェックしてみてください。

 

www.clrmemory.com

 

このQtuoマウスは、Karabiner-Elementsの前モデル「Karabiner」を使って、ブラウザの「戻る・進む」を割り当てていたのですが「MacOS Sierra」以降、使えなくなってしまいました。

そこで、Sierraでも使える「Karabiner-Elements」が5ボタンマウスのカスタマイズに対応していたので、さっそくカスタマイズしてみました。

 

Karabiner-Elementsをダウンロード

 

Karabiner-Elementsは以下のページからダウンロードできます。

 

Karabiner-Elementsダウンロードページ

 

Karabiner-Elementsのインストールが完了すると、メニューバーに「四角いアイコン」が表示されたはずです。

これをクリックすると、メニューが表示されるので「Preferences...」を選択しましょう。

 

f:id:clrmemory:20180202072455p:plain

 

続いて、Karabiner-Elementsを適用させるマウスを選択していきます。

この時点で、Karabiner-Elementsで設定したいマウスをPCに接続しておいてください。

 

接続できたら「Devices」を開きましょう。

 

f:id:clrmemory:20180205092036p:plain

 

ここに接続済みデバイスが表示されるので「Karabiner-Elements」を適用したい端末にチェックを入れます。

私が所持している「Qtuo ワイヤレスマウス」は「2.4G Keyboard Mouse (MOSART Semi.)」という名前になっていました。

 

ルールをインポートする

 

続いて、Qtuo 5ボタンマウスに適用させる「ルール」を追加していきます。

ウィンドウ上部のタブを「Complex Modifications」に切り替えてください。

 

f:id:clrmemory:20180205092052p:plain

 

表示されたウィンドウ左下に「Add rule」ボタンがあるのでクリックします。

 

f:id:clrmemory:20180205092105p:plain

 

ポップアップが表示されるので「Import more rules from the Internet (open a web browser)」をクリックしましょう。

ブラウザが起動し、Karabiner-Elementsのページが開きました。

 

f:id:clrmemory:20180205092129p:plain

 

このページから、マウスに「戻る」「進む」を割り当てるためのルールをインポートします。

検索(command + f)などを用いて「Change mouse buttons (rev 1)」というルールを探してください。

 

f:id:clrmemory:20180205092137p:plain

 

見つかったら、右側にある「Import」をクリックしましょう。

この時、使用するブラウザによっては「エラー」が発生してしまう可能性があります。

 

f:id:clrmemory:20180205092146p:plain

 

私が使用しているブラウザ「Vivaldi」は非対応でした。

「Google Chrome」と「Safari」で動作確認済みです。

 

Google Chromeで実行した場合

 

Google Chromeで実行した場合、以下のようなアラートが表示されます。

 

f:id:clrmemory:20180205092159p:plain

 

ここでは「Karabiner-Elementsを開く」をクリックしてください。

 

Safariの場合

 

Safariの場合も似たようなアラートが表示されました。

 

f:id:clrmemory:20180205092207p:plain

 

許可」をクリックすればOK。

Karabiner-Elements側で新たに項目が表示されるので、「Import」をクリックして実行しましょう。

 

f:id:clrmemory:20180205092224p:plain

 

ルールを適用

 

WEB上からルールをインポートできたら、実際にQtuoマウスに適用させていきましょう。

さきほど、ルールをインポートしたことで、「Add rule」の中に以下のような項目が増えていると思います。

 

f:id:clrmemory:20180205092237p:plain

 

設定したい方を「Enable」にしましょう。

 

f:id:clrmemory:20180205092246p:plain

 

どっちを選択するかは、以下を参考にしてください。

  • back,forward ... 4ボタンが戻る・5ボタンが進む
  • forward,back ... 4ボタンが進む・5ボタンが戻る

 

どちらか片方だけ追加されて入ればOKです。

 

これで、Qtuo 5ボタンマウスに「戻る」と「進む」を割り当てることができました。

実際にブラウザでチェックしてみてください。

マウスだけで戻る・進むを実行できましたか?

 

まとめ

 

今回紹介したように「Karabiner-Elements」を使うことで、Sierraで使えなかったQtuo マウスの4ボタン・5ボタンに「戻る」「進む」を割り当てることができました。

ブラウザを使う上で、進むと戻るは必須なので、ぜひカスタマイズしてみてください。

www.clrmemory.com

 

ではまた。

新着記事