クリアメモリ

プログラミングやガジェットレビュー、便利なアプリケーションなど雑多に記録するブログ

【Vivo NEX】完全ベゼルレスデザインでSnapdragon845や8GBメモリを搭載したハイスペックスマホが登場!

f:id:clrmemory:20180708074136p:plain

こんにちはクリアメモリです!

今回は、GearBestから新登場した「Vivo NEX」というAndroidについて紹介します。

 

8GBメモリや「Snapdragon 845」を搭載しており、ディスプレイサイズは6.59インチ。

背面には「12.0MP + 5.0MP」のデュアルカメラを搭載し、フロントカメラは「内蔵式」と、全体的に変わっているハイスペックなスマホになっています。

 

また、現在GearBestでは「クーポンセール」を開催しているので、合わせてチェックしてみてください。

 

はじめに

 

今回紹介する「Vivo NEX」がこちら!

 

f:id:clrmemory:20180708074219p:plain

 

www.gearbest.com

 

ぱっと見は普通のスマホっぽいですが、よく見ると「変な出っ張り」がありますよね。

実は、これがフロントカメラ(インカメラ)なんです。

普段はフロントカメラをしまっておくことで、前面のほぼ全体がディスプレイというデザインを実現できました。

 

f:id:clrmemory:20180708074615p:plain

 

CPUには「Snapdragon845」を搭載しているので、WEB閲覧はもちろん、ゲーム用のデバイスとしてもバッチリ活躍できそうですね。

全体的に性能が高くハイスペックなスマホが欲しい方にオススメ。

 

性能が高い分価格も張りますが、現在開催しているクーポンコードを使うことでちょっとだけお買い得になるので、合わせてチェックしてみてください。

 

スペック・仕様

 

Vivo NEXのスペックはこんな感じ!

 

スペック
システム Android 8.1
CPU Snapdragon 845 オクタコア
メモリ 8GB
ストレージ 128GB
画面サイズ 6.59インチ
解像度 2316x1080
ディスプレイ AMOLED
カメラ(後) 12.0MP + 5.0MP
カメラ(前) 8.0MP
バッテリー容量 4000mAh
重量 0.1990kg
ネットワーク
2G GSM 1800MHz,GSM 1900MHz,GSM 850MHz,GSM 900MHz
3G WCDMA B1 2100MHz,WCDMA B2 1900MHz,WCDMA B4 1700MHz,WCDMA B5 850MHz,WCDMA B8 900MHz
Network type CDMA,FDD-LTE,GSM,TD-SCDMA,TDD-LTE,WCDMA
WIFI 802.11a/b/g/n/ac wireless internet
Wireless Connectivity 3G,4G,Bluetooth,CDMA,Dual Band WiFi,GPS,GSM,WiFi
CDMA BC0/BC1/BC10
TD-SCDMA TD-SCDMA B34/B39
TDD/TD-LTE TDD-LTE: B34/38/B39/B40/B41(2545 - 2655MHz)
4G LTE FDD B1 2100MHz,FDD B12 700MHz,FDD B17 700MHz,FDD B18,FDD B19 800MHz,FDD B2 1900MHz,FDD B20 800MHz,FDD B25,FDD B26,FDD B3 1800MHz,FDD B4 1700MHz,FDD B5 850MHz,FDD B7 2600MHz,FDD B8 900MHz

 

こちらを見ても分かる通り、Vivo NEXのスペックはかなり高め。

 

OSは「Android」なので、日本語化や基本的な使い方はいつもどおりでOK。

SIMカードも利用できます。

 

f:id:clrmemory:20180708074348p:plain

 

ディスプレイサイズは「6.59インチ」とかなり大きいですが、4辺ベゼルレスデザインを採用したことで、比較的持ちやすいサイズになっているはず。

ディスプレイの種類は「AMOLED」を搭載しました。

 

メモリ・CPU

 

Vivo NEXは、OnePlus 6と同じ「8GBメモリ」や「Snapdragon845」を搭載しており、ゲームやWEB閲覧でもバッチリ使えそうな性能を持っています。

 

f:id:clrmemory:20180708074245p:plain

 

また、Vivo NEXのストレージは「128GB

TFカード(Micro SDカード)による拡張はできないみたいなので注意してください。

 

f:id:clrmemory:20180708074258p:plain

 

4辺ベゼルレスデザイン

 

スペックでも紹介した通り、Vivo NEXのディスプレイは「4辺ベゼルレスデザイン」を採用しており、前面の全体が画面になっています。

 

f:id:clrmemory:20180708074312p:plain

 

ぱっと見「フロントカメラ(インカメラ)」は付いていないように見えますよね。

実は、カメラアプリを起動することで「エレベーター」のようにウィーンと上がってくるみたいです。

 

f:id:clrmemory:20180708074320p:plain

 

かなり変わった作りですが、ノッチディスプレイのように画面を削ることなく、ディスプレイを最大限大きくできているので意外とありかもしれません。

ちなみにフロントカメラの性能は「8.0MP」です。

 

ハイスペックなスマホ

 

ここまで紹介してきたVivo NEXは「メモリ性能」や「CPU性能」など、全体的に見てもハイスペックなスマホという印象を受けました。

フロントカメラはかなり変わったデザインになっているので使用感についてはわかりませんが、少なくとも、あまり自撮りをしない人にとってはプラスになると思います。

 

フロントカメラの場所を気にせず、ディスプレイを最大限大きくできたわけですからね。

 

f:id:clrmemory:20180708074328p:plain

 

また現在、GearBestでは「Vivo NEX」の発売記念セールを開催しており、通常「709.99ドル」のスマホが「689.99ドル」で購入できます。

クーポンコードは「IT$MPNEX」

 

高スペックな分、価格も高くなっていますが、興味のある方はチェックしてみてください。

 

www.gearbest.com

 

まとめ

 

今回紹介した「Vivo NEX」は、Snapdragon 845や8GBメモリを搭載したハイスペックなスマホでした。

カメラも特別な作りになっているので、ゲーム用のデバイスが欲しい方や、変わったスマホが欲しい方はチェックしてみてください。

 

www.clrmemory.com

 

ではまた。

新着記事