クリアメモリ

プログラミングやガジェットレビュー、便利なアプリケーションなど雑多に記録するブログ

【Teclast M89】約200ドルの高コスパタブレット!7.9インチで持ち運びやすくサブデバイスにもオススメ!

f:id:clrmemory:20180714133224p:plain

こんにちはクリアメモリです!

今回は、GearBestから新登場の「Teclast M89」というタブレットを紹介します。

 

MTK8176 ヘキサコアを搭載した7.9インチのタブレットで液晶は「IPSパネル」を採用。

WEB閲覧や軽いゲームなどの利用であれば全く問題なく、コストパフォーマンスに優れたタブレットになっているのでチェックしてみてください。

 

はじめに

 

今回紹介する「Teclast M89」がこちら!

 

f:id:clrmemory:20180714133300p:plain

 

画面サイズは持ち運びに優れた「7.9インチ

GearBestで販売されているカラーは今のところ「Champagne」のみ。

 

WEB閲覧や読書に便利なタブレットでありながら、価格は約200ドルと高コスパなモデルになっています。

また、現在GearBestでは、Teclast M89の販売記念セールを開催しており、7月16日まで限定で「149.99ドル」で購入可能です。

Teclast M89 セール会場はこちら

 

メモリやCPU性能も比較的高いので早速チェックしていきましょう。

 

スペック・仕様

 

Teclast M89のスペックはこんな感じ!

 

スペック
システム Android 7.0
CPU MTK8976 ヘキサコア
GPU PowerVR GX6250
メモリ 3GB
ストレージ 32GB
画面サイズ 7.9インチ
ディスプレイ IPS
カメラ(後) 8.0MP
カメラ(前) 5.0MP
Bluetooth 4.0
バッテリー容量 4840mAh
重量 0.4000kg
ネットワーク
Support Network Dual WiFi 2.4GHz/5.0GHz
WIFI 802.11b/g/n wireless internet

 

こんな感じで、価格の割にメモリやCPUの性能が高め。

CPU性能でいうと、Teclast Master T8Teclast Master T10と同じで、コストパフォーマンスを重視したモデルという感じですね。

 

WiFi専用モデルで、SIMカードには対応していないっぽいので注意してください。

 

OSはAndroid

 

Teclast M89はタブレットですが、OSはAndroid

基本的な操作はスマホと同じですし、アプリのインストールも「Google PlayStore」を使えばOKなので簡単です。

 

f:id:clrmemory:20180714133700p:plain

 

ホームボタンなどは搭載しておらず、タブレットのディスプレイ側でタッチ操作する「オンスクリーンタイプ」のようです。

背面には「Teclast」のロゴが入っており、指紋認証パネルなどは無いシンプルな作りになっていました。

 

f:id:clrmemory:20180714133451p:plain

 

充電は「USB Type-C」を使います。

 

メモリ・ストレージ

 

先ほど紹介した通り、Teclast M89は「3GBメモリ」と「32GBストレージ」を搭載しています。

 

f:id:clrmemory:20180714133616p:plain

 

容量が32GBと聞くと少ないように感じますが、頻繁に写真や動画を保存する人でなければ問題ありませんし、容量が足りなくなったら「TFカード(MicroSDカード)」によって最大128GBまで拡張可能です。

 

またGPUには「PowerVR GX6250」を搭載したことで、重たいものでなければ「ゲーム」用のタブレットとしても 使えそうです。

 

f:id:clrmemory:20180714133623p:plain

 

WEB閲覧や動画視聴もバッチリな高コスパタブレットでした。

 

持ち運びやすい7.9インチ

 

Teclast M89のディスプレイサイズは「7.9インチ

カバンの中に入れて持ち運ぶ時にも便利なサイズになっています。

 

f:id:clrmemory:20180714133649p:plain

 

ディスプレイは「IPS液晶」を搭載しているので視野角が広く、読書や動画視聴時に快適なタブレットです。

また「Gorillaガラス」を採用したことで、比較的傷や画面割れが発生しにくいのもオススメポイントですね。

 

f:id:clrmemory:20180714133719p:plain

 

スピーカーは本体上部

 

Teclast M89の「スピーカー」はちょっと変わっていて、タブレット本体の「上部」に搭載されているんです。

 

f:id:clrmemory:20180714133725p:plain

 

ぱっと見は変な感じですが、スピーカーを手で隠してしまったり、タテ置きで使う時に音が聞こえづらいといったことがなくなるので意外と便利だと思います。

 

MicroHDMI端子

 

Teclast M89の筐体を見ると「MicroHDMI端子」が搭載されていました。

 

f:id:clrmemory:20180714133738p:plain

 

対応するケーブルを使えば、モニターに画面を映して「大画面」で動画を楽しむこともできるので、ガッツリ動画や映画を見たいときにもオススメです。

 

コスパが高いタブレット

 

ここまで紹介してきた「Teclast M89」は、約200ドルという価格にしては十分な性能を持ち、7.9インチという扱いやすいサイズの高コスパタブレットでした。

GearBestでは、7月16日まで限定でTeclast M89が「149.99ドル」になるセールも開催しているので、合わせてチェックしてみてください。

 

f:id:clrmemory:20180714134443p:plain

Teclast M89 セール会場はこちら

 

まとめ

 

今回紹介したTeclast M89は、ヘキサコアのMTK8176や3GBメモリを搭載した高コスパなタブレットになっていました。

外出時に使える持ち運びに優れたサブデバイスや、読書用のタブレットを探している方はぜひチェックしてみてください。

 

www.clrmemory.com

 

ではまた。

新着記事