クリアメモリ

プログラミングやガジェットレビュー、便利なアプリケーションなど雑多に記録するブログ

【CR10S】3Dプリンターでタブレットスタンド作ってみた!一部失敗あり

f:id:clrmemory:20180811172333p:plain

こんにちはクリアメモリです!

今回は、「Creality3D CR10S」という3Dプリンターを使って「タブレットスタンド」を作ってみたので紹介します。

 

高温に耐えられるよう、素材は「ABS フィラメント」を使用し、若干の角度調節もできるようにFusion360で作ってみました。

一部失敗したところや、ABSフィラメントの注意点もあったので参考にしてみてください。

 

はじめに

 

今回紹介するのは、3Dプリンターを使って「タブレットスタンド」を作ってみたという記事です。

 

f:id:clrmemory:20180811172429p:plain

f:id:clrmemory:20180811172413p:plain

 

こんな感じで、実際にタブレットを立てかけることができました。

今回の造形で使用した3Dプリンターは「Creality3D CR10S

 

www.clrmemory.com

 

過去にレビューも行なっているので合わせてチェックしてみてください。

 

完成品

 

今回造形した「タブレットスタンド」がこちら!

 

f:id:clrmemory:20180811172438p:plain

f:id:clrmemory:20180811172450p:plain

 

気づいた方もいると思いますが、実は「積層割れ」が発生してしまいました。

切れ目みたいになっているやつですね。

 

f:id:clrmemory:20180811172500p:plain

f:id:clrmemory:20180811172508p:plain

 

フィラメントの反りや送り出しの量によって発生するらしいのですが、これについてはまた別の機会に対策してみます。

実際にタブレットを立てかけてみるとこんな感じ。

 

f:id:clrmemory:20180811172523p:plain

 

タブレットスタンドにいくつかの「窪み」をつけたことで、少しですが角度調節もできるようにしてあります。

 

f:id:clrmemory:20180811172530p:plain

f:id:clrmemory:20180811172549p:plain

 

フィラメント

 

今回使用したフィラメントは「Pxmalion ABS ブラック

 

Pxmalion ABS 3Dプリンター用フィラメント素材 マテリアルABS樹脂材料 1.75mm径 正味量1KG 黒/ブラック

 

お風呂でも使えるよう、耐熱性が高い「ABSフィラメント」を使ってみました。

「オリジナルコースター」の記事でも紹介しましたが、60℃前後で変形してしまう「PLA」に比べて、「100℃くらい」まで耐えられるABSは高温で使用する場合にオススメです。

 

www.clrmemory.com

 

Fusion360で作る

 

今回のモデルは「Fusion360」で作成しており、練習用に作ったモデルなのでサイズはかなり適当です。

 

f:id:clrmemory:20180811172619p:plain

 

難しい機能は特に使っておらず、ほとんど「トリム」や「押し出し」だけで作成しました。

また、背面の丸い穴は「オフセット平面」を使って、斜面に沿って円形のスケッチを作成し切り取っています。

 

あとは、足の部分に「フィレット」を使って丸みを持たせたくらいですね。

 

f:id:clrmemory:20180811172609p:plain

 

Curaで設定する

 

今回のタブレットスタンドはCuraでスライスし、以下のような設定で造形しました。

 

項目
ノズル温度 240℃
ヒートベッド温度 100℃
レイヤー高さ 0.2mm
スピード 60mm/s
インフィル 20%
サポート
ビルドプレート密着 ブリム

 

ABSで造形したため「ヒートベッド」の温度は高め。

Anycubic Ultrabaseを使っているので、純正のガラスプレートとは少し変わってくるかもしれません。

 

www.clrmemory.com

 

サポート材を抑えるため、横向きでプリントしてあります。

 

f:id:clrmemory:20180811172657p:plain

 

また、反り対策に「ブリム」を設定しました。

ただし、先ほども紹介した通り、この設定では「積層割れ」が発生したため調整が必要だと思います。

 

かかった費用

 

今回の造形でかかった費用は「約238.04円」

フィラメントの長さは「約32.58m」でした。

 

f:id:clrmemory:20180811172703p:plain

 

費用はフィラメントの価格やインフィルの値によって大きく変わってきますが、だいたいこれくらいでタブレットスタンドが作れちゃいます。

積層割れの対策は必要ですが、自分でモデリングしたタブレットスタンドを実際に造形できたので参考にしてみてください。

 

今回使ったアイテムたち

商品名 リンク
3Dプリンタ本体 Creality3D CR10S
フィラメント Pxmalion ABSフィラメント
設計 Fusion360
スライサー Cura

 

まとめ

 

今回紹介したように、3Dプリンターを使えば「タブレットスタンド」も簡単に作れました。

 

実際に使ってみた感想としては、角度の調節範囲をもう少し上げても良さそうという感じ。

底面の滑り止めにグリップを追加しても良いかもしれませんね。

 

www.clrmemory.com

 

ぜひ参考にしてみてください。

ではまた。

新着記事