クリアメモリ

プログラミングやガジェットレビュー、便利なアプリケーションなど雑多に記録するブログ

【CR10S】3Dプリンターでオリジナルのコースター作ってみた!

f:id:clrmemory:20180810072106p:plain

こんにちはクリアメモリです!

今回は、3Dプリンター「CR10S」と「Fusion360」を使って、熱いものOKな「コースター」を作ってみました。

 

複雑な形もFusion360なら簡単に作成でき、ABSフィラメントを使ったことで「熱いマグカップ」などをおいてもOKになっています。

とても簡単に作れたので、ぜひチェックしてみてください。

 

はじめに

 

今回の記事は「3Dプリンターを使ってコースターを作ってみた」というもの。

 

f:id:clrmemory:20180810072002p:plain

 

この記事で使用した3Dプリンターは「Creality3D CR10S」という製品で、過去にレビューも行なっているので合わせてチェックしてみてください。

 

www.clrmemory.com

 

GearBestでも販売されています。

Amazonに比べて安いですが、メンテナンスやサポートに注意してください。

 

Refurbished Creality3D CR - 10S 3D Printer

 

完成品がこちら

 

今回作成した「コースター」がこちら!

 

f:id:clrmemory:20180810071947p:plain

 

ぱっと見は複雑な作りのようですが、実は「円」を組み合わせただけの簡単なモデルになっています。

興味のある方は、モデルの作り方も参考にしてみてください。

 

Fusion360で作る

 

今回のコースターは「Fusion360」というCADアプリケーションを使って作成しました。

 

f:id:clrmemory:20180810064042p:plain

 

サイズは適当に作成したのですがこんな感じ。

 

f:id:clrmemory:20180810064054p:plain

 

使用する素材によって完成後のサイズが若干変わったので各自調整してみてください。

さて、コースターの作り方ですが、先ほども紹介した通り「円」だけを組み合わせて作られています。

 

f:id:clrmemory:20180810064156p:plain

 

色分けするとわかりやすいかも。

Fusion360には「円形状パターン」という機能があり、こちらを使うことで「特定のモデルを規則的に配置」することができるんです。

 

f:id:clrmemory:20180810064225p:plain

 

今回の場合だと「円」ですね。

円形状パターンを繰り返すことで、ぱっと見だけ複雑な図形が簡単に作成できました。

 

素材はABS

 

今回の造形は「コースター」です。

高温のマグカップを乗せる場合も想定して「ABSフィラメント」で造形してみました。

 

使用したフィラメントは「Pxmalion ABS ブラック

Pxmalion ABS 3Dプリンター用フィラメント素材 マテリアルABS樹脂材料 1.75mm径 正味量1KG 黒/ブラック

 

PLAに比べて熱に強く、実際に溶かしたわけではありませんが「約70℃~100℃」まで耐えることができるようです。

今回のコースターのような場合にも便利なフィラメントですね。

 

f:id:clrmemory:20180810071939p:plain

 

実際に高温のマグカップを乗せてみましたが、変形は特にありませんでした。

ちなみに「PLA」で造形した物は「50℃~60℃」くらいで変形します。

 

f:id:clrmemory:20180810072104p:plain

 

スライサーの設定

 

今回の造形は、スライサー的にはシンプルな物だったので、特に難しい設定はしていません。

サポート材も不要。

 

f:id:clrmemory:20180810064346p:plain

 

手を加えたのは「インフィル」と「ビルドプレート密着性」ぐらいですね。

耐久力アップのため、インフィルを60%まであげてあります。

 

f:id:clrmemory:20180810064359p:plain

 

また、ABSフィラメントで造形したものは「反り」がひどいため、しっかりとビルドプレートに張り付くように「ブリム」を設定しました。

ブリムを使うことで「造形物の接地面」が広がり、反り対策になるので試してみてください。

 

f:id:clrmemory:20180810064408p:plain

 

費用

 

今回のコースターを作成するのにかかった費用は「約108円

 

f:id:clrmemory:20180810064417p:plain

 

これについては、使用するフィラメントや造形物のサイズ・インフィルの値などによって変わってきますが、だいたいこのくらいの価格で「オリジナルのコースター」が作れるのは楽しいですね。

参考にしてみてください。

 

今回使ったアイテムたち

商品名 リンク
3Dプリンタ本体 Creality3D CR10S
フィラメント Pxmalion ABSフィラメント
設計 Fusion360
スライサー Cura

 

まとめ

 

今回紹介したように、3Dプリンターを使えば自分でデザインしたコースターを作ることもできちゃいます。

温度など、作品を使う環境に合わせてフィラメントを選んでみてください。

 

www.clrmemory.com

 

ではまた。

新着記事