クリアメモリ

プログラミングやガジェットレビュー、便利なアプリケーションなど雑多に記録するブログ

【CR-10S】3Dプリンターでキャラクター(うさぎ)を作ってみた!Zbrush Coreでモデリング!

f:id:clrmemory:20181226144534j:plain

こんにちはクリアメモリです!

今回は、3DプリンターCreality3D CR-10S」を使って、うさぎのキャラクターモデルを造形してみました。

 

以前紹介した「猿のモデル」同様、Zbrush Coreを使って作成しています。

Curaでの造形方法やZbrush Coreでエクスポートする方法についても紹介しているので、合わせてチェックしてみてください。

 

はじめに

 

今回紹介する内容は「3Dプリンターでキャラクターを造形してみた -うさぎ編-」です。

 

f:id:clrmemory:20181226115612j:plain

f:id:clrmemory:20181226133044j:plain

 

こんな感じのモデルを「Zbrush Core」で作成し、3Dプリンターで造形しました。

過去に紹介した「猿」のキャラクターモデリングで使ったのと同じアプリケーションですね。

 

www.clrmemory.com

 

今回の造形で使用した3Dプリンターは、これまでと同じ「Creality3D CR-10S

配送状態や付属品、サイズ感などについてはこちらもチェックしてみてください。

 

www.clrmemory.com

 

Creality3D CR-10S 最新モデル フィラメントセンサー&デュアルZ軸搭載
Amazonでチェック

 

ちなみに、安く買うならGearBestの方が良いっぽいです。

 

Refurbished Creality3D CR - 10S 3D Printer
GearBestでチェック

 

使用したフィラメント

 

今回の造形で使用したフィラメントは「Pxmalion PLAフィラメント ブルー

 

f:id:clrmemory:20181225172352j:plain

 

前回紹介した「ヘッドホン置き」と同じフィラメントですね。

造形前後で色の変化が少なく、安価なのに扱いやすいPLAで気に入っています。

 

www.clrmemory.com

 

Zbrush Coreで作成したモデルをエクスポートする

 

冒頭でも紹介した通り、今回のモデルは「Zbrush Core」というスカルプトアプリケーションを使ってモデリングしました。

 

f:id:clrmemory:20181226120636j:plain

 

彫刻のように削ったり付け足したりしてモデリングできて面白いですね。

Zbrush CoreでモデリングしたファイルをCuraなどのスライサーで利用する場合、エクスポートという作業が必要になってきます。

 

今回は「.obj」という拡張子で作成しました。

以下、手順を紹介していきます。

 

複数のサブツールをまとめてエクスポート

 

モデリングしたサブツールを複数に分けている場合、先にひとまとめにする必要があります。

 

f:id:clrmemory:20181226115927p:plain

 

こんな感じでパーツごとに分けてモデリングしている場合は、まず「表示結合」をクリック。

 

f:id:clrmemory:20181226120242p:plain

 

ツール」の中に、ひとまとめになったモデルが追加されたので、クリックして表示。

 

f:id:clrmemory:20181226120412p:plain

 

サブツール内がひとつになっているのを確認できたら、ツールから「エクスポート」を選択します。

 

f:id:clrmemory:20181226120305p:plain

f:id:clrmemory:20181226120309p:plain

 

たったこれだけ!

あとは、任意のファイル名を指定し、ファイルの種類を「obj」にして保存すればOKです。

 

ちなみに、Zbrush Coreの3Dプリントハブからサイズを設定しておくと、Curaに送った時にスムーズにサイズ調整できるとかなんとか。

 

Curaで造形する

 

造形するモデルが保存できたので、いよいよ「Cura」というスライサーアプリを使って造形時の設定を追加していきましょう。

 

f:id:clrmemory:20181226120434j:plain

 

今回は、以下のような値にしてみました。

 

設定
レイヤー高さ 0.06mm
ノズル温度 205℃
ビルドプレート温度 65℃
インフィル 20%
引き戻し
スピード 60mm/s
冷却
サポート
ビルドプレート密着性 スカート
サイズ 18x40x24mm

 

ノズルやビルドプレートの温度は前回と同じ。

強度は不要なので、インフィル値は「20%」にしてみました。

 

「頭」や「尻尾」の部分がオーバーハングになっているので、サポートは必須。

 

f:id:clrmemory:20181226120440j:plain

 

特殊な設定は不要。

サイズの部分を見てもらえればわかる通り、実は結構小さく造形してあります。

 

f:id:clrmemory:20181226133157j:plain

 

100円玉と比べてもこんな感じ。

プリントにかかった時間は「約1時間17分」でした。

 

f:id:clrmemory:20181226120630p:plain

 

PCで自作したキャラクターを簡単にできるのが面白いですね。

 

タイムラプス動画つくってみた

 

おまけ程度に、今回の造形を「タイムラプス動画」にしてみました。

 

 

今回使ったアイテムたち

アイテム リンク
3Dプリンタ本体 Creality3D CR-10S
フィラメント Pxmalion PLAフィラメント ブルー
WEBカメラ PAPALOOK PA452 Pro ウェブカメラ
設計 Zbrush Core 2018
スライサー Cura

 

まとめ

 

今回は、3Dプリンターを使って「うさぎのモデル」を造形しました。

こういった小物を1から自分で作成し、かつデスクなど自分の手元に置いておけるのが3Dプリンターの良いところですね。

 

www.clrmemory.com

 

ぜひ参考にしてみてください。

ではまた。

新着記事