クリアメモリ

プログラミングやモーショングラフィックス、便利なアプリケーションなど雑多に記録するブログ

【WordPress】記事一覧に見出し(h2)の数を表示する

f:id:clrmemory:20170422182832p:plain 

WordPressで過去に作成した記事を見ていて、見出しがついていなかったり、見出しが少なかったりしていませんか。

 

そのような時に、WordPressの記事一覧から見出し(h2,h3)の数を確認できたら編集が捗りますよね。

そこで今回は、WordPressの記事一覧ページに見出しの数を表示する方法を紹介します。

 

 

はじめに

 

今回紹介する方法では、function.phpを編集します。

 

作業を開始する前に、FTPソフトなどで必ずバックアップをとっておくようにしてください。

また、今回の作業は全て自己責任でお願いします。

 

 

では、バックアップが完了したら、実際の画面を確認してください。

 

 

このように、記事一覧ページから見出しの数を確認できるようになります。

 

function.phpを編集

 

function.phpを編集するときは、細心の注意を払ってください。

編集に失敗してしまうと、ページが真っ白になってしまい何も表示できなくなります。

 

もしそのようになってしまった場合は、FTPソフトからfunction.phpを元の状態に戻すか、バックアップから復元しましょう。

 

 

それを踏まえた上で、コードを確認してください。

 

今回のコードは以下になります。

 

//記事一覧に見出しの数を追加
function add_columns($columns) {
 $columns['count'] = 'h2の数';
 return $columns;
}
function add_custom_column($column_name, $post_id) {
 if( 'count' == $column_name ) {
 $count = substr_count(get_post_field('post_content', $post_id), '</h2');
 echo $count;
 }
}
add_filter( 'manage_posts_columns', 'add_columns' );
add_action( 'manage_posts_custom_column', 'add_custom_column', 10, 2 );

 

このコードをfunction.phpの一番下にでも追加してください。

 

不具合を避けるためにコードの解説を確認しておきましょう。

 

コードを解説

 

今回紹介したコードの内容は以下のような流れになっています。

 

・記事一覧ページに「見出しの数」欄を追加

・記事を取得

・見出し( </h2 )の数を数える

・追加した見出しの数の項目に表示

 

では順に解説していきます。

 

 $columns['count'] = '表示したいテキスト';

 

この「 ‘  ’ 」のなかに記載されたテキストが、記事一覧ページに表示されるテキストになります。

基本的になんでも良いので、自分でわかりやすいものに変更してください。

 

 

続いて

 

$count = substr_count(get_post_field('post_content', $post_id), '</h2');

 

このコードでは、記事を取得し、その中に含まれる「 </h2 」の数をカウントしています。

</h2というのは「見出し2」の事です。

 

もし、見出し3の数を数えたいときは、ここの値を</h3に変更すればいけるはずです。

 

 echo $count;

 

このコードで先ほど取得した見出しの数を出力して表示します。

 

 

add_filter( 'manage_posts_columns', 'add_columns' );
add_action( 'manage_posts_custom_column', 'add_custom_column', 10, 2 );

 

最後にこのコードで、作成したfunctionを呼び出して実行します。

このコードが書かれていないと、実装できないので注意してください。

 

ちなみにこちらのコードは「フィルターフック」「アクションフック」と呼ばれておりますので、機能についてはリファレンスを確認してみてください。

 

 

まとめ

 

今回紹介した方法を使うことによって、WordPressの記事一覧ページに見出しの数を表示できるようになりました。

 

ブログを書き始めた頃は、見出しをあまり意識しておらず、1つしか見出しをつけていない記事などもありました。

 

 

〇番目の見出しの上に〇〇、のような処理をあとから追加すると、どうしても見出しが少ない記事が引っかかってしまうので、記事一覧から確認できるとかなり便利になると思います。

 

ぜひ試してみてください。

ではまた。