クリアメモリ

プログラミングやモーショングラフィックス、便利なアプリケーションなど雑多に記録するブログ

アクセストレードはIT系やゲームのアフィリエイトに強い!IT系ブログ必見!!

f:id:clrmemory:20170422162933p:plain 

先日、「WordPressに好きな広告を自由に貼るならバリューコマース」という記事で「バリューコマースを紹介しましたが、今回は別のASPを紹介します。

今回紹介するASPは「アクセストレード」というサービスです。

こちらもバリューコマースと同じように、好きな広告を自由に貼ることができます。

 

さらに、アクセストレードは「自己アフィリエイト」で稼ぐこともできるんです。

では、紹介していきます。

 

 

はじめに

 

冒頭でもお話ししたバリューコマースにも「自己アフィリエイト」はあります。

 

https://clrmemory.com/wordpress/valuecommerce-select-ads/

 

ですが、バリューコマースの自己アフィリエイトは、商品の購入系のものが多く商品購入をしない人にはあまり使えません。

 

 

それに比べて「アクセストレード」は無料登録などで自己アフィリエイトができます。

「本人利用初回のみ」が多いですが、ゲームの登録で稼ぐことができるので面白そうなゲームの登録を自己アフィリエイトすることができます。

 

さらに、IT系やゲーム系の広告が多いので、そういった記事を書いている人には「バリューコマース」より「アクセストレード」の方がおすすめです。

当然IT系やゲームの広告以外も沢山あります。

 

 

さらに「アドセンス」と違って、支払い基準額が1000円になっています。(2015/12/25現在)私のブログのようにあまり報酬が発生しないサイトにはとてもありがたいですね。

 

ではこちらから「アクセストレード」に登録を済ませましょう。

A8.netなどでは「登録時に口座登録」が必要でしたが、アクセストレードの場合は登録後に口座を設定することが出来ます。

 

 

登録が完了したら、ログインして広告を探してみましょう。

「即時提携」などの広告はその場で提携できますが、そうでない場合、審査が入ります。

 

提携する方法

 

ページ上部の「プログラム情報」へアクセスします。

以下の項目から「カテゴリー」や「絞り込み」を指定して検索してください。

 

スクリーンショット 2015-12-25 15.38.13

 

カテゴリーは細かく設定できるので、いろいろ見ておきましょう。

そのほかにも「キーワード」で検索することも出来ます。「プログラミング」や「ゲーム」などの曖昧なキーワードでも、広告を探すことができます。

 

検索

 

検索してヒットした広告は以下のように表示されます。 (一部モザイク処理を施しています

 

スクリーンショット 2015-12-25 15.42.32

 

 

 

このように「すでに提携している広告」と「まだ提携していない広告」「新規追加された広告」などがひと目で把握できます。

 

広告素材

 

広告素材欄には「バナー」や「テキスト」と書かれています。

 

 

これは表示されている広告タイプが用意されているという意味で、クリックするとすぐにその広告タイプを選択できます。わかりやすいですね。

 

 

広告条件

 

続いて広告条件欄をみてください。

ここに「本人利用」「Twitter」「即時提携」などの条件が書かれています。

 

 

提携申請する前に確認しておきましょう。

 

また、Twitterへ広告を表示するときには「Twitter用のサイト」を登録する必要があります。ブログで登録した場合はTwitterに広告を貼れないので、新たに追加しなければなりません。

注意してください。

 


2015/12/25追記

 

Twitterへの広告投稿サービスが廃止になりました。

2016年1月までは投稿できるようですが、アカウント凍結などにつながる危険性があるので、利用するのはやめましょう。

 

https://clrmemory.com/wordpress/accesstrade-twitter-ban/

 

 


 

 

気になる広告があったら提携申請してみましょう。即時提携の広告ならばすぐに承認されます。続いて、広告をWordPressに貼り付けてみましょう。

 

広告を貼る

 

今回は、すでに提携できているものとして進めます。提携している広告プログラムの「バナー」を選択してみましょう。

 

以下のようにバナーのサイズごとに表示制限をすることができます。自分が表示したい場所に合わせた広告を探してください

 

スクリーンショット 2015-12-25 15.54.31

 

※チェックを入れた広告サイズが用意されているとは限りません。

 

今回は 468*60のバナー広告を表示してみます。

 

スクリーンショット 2015-12-25 15.55.15

 

※画像を一部隠して表示しています。

 

 

この広告を貼り付ける場合、「リンクコード選択」をしてコードをコピーしてください。

そして、好きなところにこのコードを貼り付けるだけで、表示することができます。

 

 

記事内に貼り付けるときは「ビジュアル」を「テキスト」に変更して先ほどのコードを貼り付けます。

 

とても簡単に貼ることができます。実際に貼ってみてください。

 

自己アフィリエイト

 

続いて「自己アフィリエイト」の方法を紹介します。

まず、広告条件に「本人利用初回のみ」または「本人利用OK」と書かれていることを確認してください。

 

 

「本人利用NG」の広告を自己利用した場合は規約違反になるので注意してください。

 

 

スクリーンショット 2015-12-25 16.08.09

 

 

ゲームの広告などは「本人利用初回のみ」の広告が多いような気がします。

このような広告プログラムを見つけたら提携を済ませた後、先ほどの方法で自分のサイトに広告を貼り付けてください。

 

 

表示されたバナーからリンク先へアクセスして登録してみましょう。それだけで自己アフィリエイトが1件完了です。

 

報酬の確定には時間がかかります。広告プログラムごとに確定するタイミングが違うので数日〜1月ほど待ってみてください。

 

また、いちいち広告を貼り付けなくても、自己アフィリエイトをする方法があります。

 

 

スクリーンショット 2015-12-25 16.13.37

 

 

プログラム情報 > 詳細情報 > 広告条件欄の右下に「アフィバックモール」という項目があるのがわかると思います。

 

 

ここからアクセスし、購入などをすることで自己アフィリエイトが完了します。

こちらも便利なので使ってみてください。

まとめ

 

今回は、バナー広告のみで説明しましたが「テキスト広告」や「メール広告」などもあるので、用途に合わせて変更してください。

 

 

バナーも「200*200」やもっと小さいサイズの広告もあります。

サイドバーに表示したいときなどは、正方形や小さいサイズの広告を貼りたいですね。

 

そして、私がしばらく使ってみて思ったことは「定期的にメール」が来ます。これは、迷惑メールなどではなく、最新情報をお知らせするメールです。

受け取ったメールから「アクセストレード」がおすすめする広告を確認したり、期間限定のキャンペーンなどを確認できます。

 

 

できれば、配信停止はしないほうが良いと思います。

 

アクセストレードはゲームやIT系のサイトにぴったりの広告が多いので、そういったサイトを運営している人はぜひ登録してみてください。

 

ではまた。

新着記事