クリアメモリ

プログラミングやモーショングラフィックス、便利なアプリケーションなど雑多に記録するブログ

広告掲載率がアドセンスに追加されたので試してみた

f:id:clrmemory:20170422182425p:plain 

先日、Googleアドセンスのページを確認していたところ「広告掲載率」という項目が新たに追加されていました。

 

いつから追加されていたのかわかりませんが、収益と利便性のバランスをとるためのもののようです。

そこで、この広告掲載率にはいったいどのような機能なのか試してみたので紹介します。

 

 

はじめに

 

Googleアドセンスのページにアクセスし、左上のボタンをクリックすると「パフォーマンスレポート」や「広告の追加」などの機能が確認できます。

 

 

 

ここから

広告の設定 > コンテンツ

と進んでいくと「広告掲載率」という見慣れない項目がありました。

 

 

最近追加された機能なのか、私が気づかなかっただけなのかわかりませんが、こちらの機能について調べてみました。

 

広告掲載率とは

 

広告掲載率ページを実際に表示してみると、以下のようなページが開きます。

 

 

この中に以下のような説明が記されていました。

 

成果の高い広告を重視 最も多くの収益を獲得している広告のみを表示して、収益への影響を最小限に抑えつつ、サイトでの全体的なユーザー体験を向上します。スライダーを使って、広告数を減らすと収益がどのように変わるかを確認できます。  

Google AdSense 広告掲載率ページより引用

 

 

さらにGoogleのAdSenseヘルプには以下のような記述がありました。

 

収益の維持・拡大とユーザー エクスペリエンス向上を両立し続けるのは、簡単なことではありません。広告掲載率の調整機能を利用すれば、ユーザーに表示する広告、特に収益性の低い広告の掲載数を、推定される収益への影響を確認しながら減らすことができます。 広告掲載による収益の多くは、実際には比較的少数の広告インプレッションから生じていることが一般的です。特に収益性が高い広告だけに絞って表示することで、収益への影響を最小限に抑えつつ、サイトのユーザー エクスペリエンスを向上させることができます。  

Google AdSense ヘルプ  サイトの広告掲載率を最適化するより引用

 

ここに書かれているように、収益を維持・拡大しつつユーザーエクスペリエンス(利便性・満足度)を保つことができるということになると思います。

 

 

仮に広告掲載率を80%とした場合、サイトに表示されるすべての広告数のうち80%が実際に表示され、残りは何も表示されないということなのでしょうか。

 

もし広告掲載率を操作し配信される広告を調整した場合は、収益性の高い広告から優先的に配信されていくようです。

 

 

さらには、先ほどのページで広告掲載率を下げると、収益にどのような影響が出るかを確認品がら設定できるというわけですね。

 

広告掲載率の設定方法

 

実際に広告掲載率を設定するのはとても簡単で、スライダーを操作して調整するだけのようです。

 

先ほどの広告掲載率ページにアクセスすると、以下のように表示されていましたよね。

 

 

この画像で説明すると一番下にスライダーがあると思います。

広告掲載率の調整はこちらのスライダーを左右に移動させるだけで設定できます。

 

 

私のサイトでは、表示中を84%に設定すると推定値が100%になりました。

推定値が100%になるギリギリまで表示中の値を下げると、収益性と利便性が最も良い状態なのだと思います。

 

 

こちらの表示中の数値はどのサイトでも同じなのか、私のサイトでは84%だったのかについては現在のところわかっていません。

何か情報が得られれば追記します。

 

 

広告掲載率の設定が完了したら、最後に適用ボタンを選択して調整を完了させましょう。

 

表示中1%にしてみた

 

広告掲載率100%の時と、84%の時では差がわかりづらかったため、一時的に広告の表示数を1%にしてみました。

 

変更直後は特に変化が見られないため、反映に多少時間がかかるのだと思います。

とりあえず1%で表示がどのように変わったのか、変化が見られ次第追記しますが、この状態だと収益がほとんど見込めない状態だと思いますので当然オススメはしません。

 

 

 


同日追記:

 

表示中の値を1%まで下げてみたところ、リンク広告と関連コンテンツを除く全ての広告が表示されなくなりました

 

 

やはり、必要以上に広告の表示数を下げるのは、収益低下につながる恐れがあるためやめたほうが良いですね。

現在は、推定値100%になるギリギリの値、広告数84%に設定しております。

 

 

ちなみに緑色になっているのは、Google Publish Toolbarという拡張機能を使用しているためで、実際は真っ白の空白が表示されました。

 

Google Publisher Toolbarについてはこちらから。

 

https://clrmemory.com/mac/adsense-click-prevention/

 

アドセンス広告の誤クリック防止にもなるので確認しておくと良いかもしれません。

 


 

収益の変化について

 

収益の変化とは言っても、記事作成日が2017/01/21で広告掲載率の広告を発見したのも同日なため、まったく変化は見られません。

 

おそらく収益はあまり変化がなく、ユーザーエクスペリエンスを重視した昨日だと思いますので、長い目で見守ることにします。

まとめ

 

今回紹介した広告掲載率ですが、Googleからメールなど通知がきたわけではないので、いつから追加された機能なのかわかりません。

 

また、すべてのアドセンスユーザーの方に追加されているかもわからない状態です。

(関連コンテンツのように一定の基準を超えていないと表示されない機能があるため)

 

 

より詳しいことがわかり次第その都度追記していく予定です。

ただ、何より重要なユーザーエクスペリエンスを損なわずに広告を最大限配信できるという点では、より良いサイト運営に役立てることができるのではないでしょうか。

 

 

ぜひ参考にしてみてください。

ではまた。