クリアメモリ

プログラミングやガジェットレビュー、便利なアプリケーションなど雑多に記録するブログ

xcodeでのビルドエラー _OBJC_CLASS_$_CustomStoreProductViewController in UnityAds(UnityAds)

f:id:clrmemory:20170721022818j:plain

先日、xcodeでアプリを審査へ提出しようとしたのですが、このようなエラーが発生して提出できませんでした。

 

_OBJC_CLASS_$_CustomStoreProductViewController in UnityAds(UnityAds)

今回はこのエラーの解消法を備忘録を兼ねて記載します。

 

 

はじめに

 

使用環境ですが、Unityで作成したiOSアプリに動画広告の「UnityAds」「AdColony」を導入していました。

 

xcodeは最新版を使っています。(2015/10/05 現在)

 

 

OBJC_CLASS$_CustomStoreProductViewController in UnityAds(UnityAds)

というエラーだったのでUnityAdsのバージョンなどが関係しているのだと思っていたのですが、今回は違っていました。

 

 

UnityAdsやAdColonyの導入方法はこちらからお願いします。

動画広告をUnityで使おう[UnityAds]

[Unity] AdColonyを導入する方法

では、このエラーの解決方法の紹介へ入ります。

 

解消方法

 

今回の解決方法の鍵は、frameworkにありました。

 

 

私の場合、StoreKitというframeworkが追加されていませんでした。

また、StoreKitのStatusがOptionalに変更されていませんでした。

 

 

 

たったこれだけでビルドできるようになりました。

 

わかってみればとても単純なことですね。

 

 

このように、frameworkが足りていないといった場合や、Optionalに変更されていないという状態にでてくるエラーなのかもしれません。

 

まとめ

 

今回の検証はあくまで私の環境の場合なので、同じようなエラーでも、原因は違ったりといったことはあると思います。

ですが、今回のような方法をまだ試していないという方は、1度試してみてはいかがでしょうか。

 

私はフレームワーク関係でXcodeからビルドできないということが、とても多いです。

大抵は、確認不足でビルドできないことが多いので、エラーが発生したときはまず始めにフレームワークの確認をするようにしています。

 

ビルドした際にはフレームワークを確認するように心がけましょう。

 

ではまた。

新着記事