クリアメモリ

プログラミングやガジェットレビュー、便利なアプリケーションなど雑多に記録するブログ

【Unity】Debug.Logなどのstring型で改行コードを使う方法

f:id:clrmemory:20171116153437j:plain

こんにちはクリアメモリです!

今回は、UnityでDebug.Logやその他string型を使用した際、改行しようとしたのですが、普通にやろうとしてもできなかったので備忘録を兼ねて記載します。

使用したPCはMacです。

Windowsの場合は関係ない可能性があります。

 

はじめに

 

まず、改行コードとはstring型で次の行に移動するコードのことです。

Debug.Logに表示したい文字列をより分かりやすくするために、改行できた方が良いです。

 

そのほかにも、アプリ内で文字を表示したいときなどにも改行を使ったりできます。

私は、アプリからTwitterでつぶやくときに使っています。

 

http://www.clrmemory.com/unity/socialconnector-twitter-line/  

 

私は、改行する場合「¥n」と打てば大丈夫だと思っていました。

ですが、実際に使ってみるとログにそのまま¥nとでてしまいました。

 

そこでいろいろと試してみると思ってたより簡単に解決しました。

早速見ていきましょう。

 

解決方法

 

単純なことなのですが、¥nではなく\nとしなければ改行できませんでした。

今回はそれだけなのですが、Macで普通に\nと入力しようとしても¥nとなってしまいます。

 

Macの場合 \ を打つには少し普通と違い、optionキーを押しながら¥を押すことで\ と打ち込むことができます。

例 : "Unity開発\n備忘録" と書き込んだ場合

 

Unity開発

備忘録

 

となります。

これで改行ができるようになりました。

 

まとめ

 

Debug.Log以外でもUnityで改行を使う場合や、Macで「\」を使いたいときは少なくないと思います。

もちろん上で紹介した利用方法以外でも、使える状況はありますので、今回の方法を覚えておくと良いかもしれませんね。

 

 

www.clrmemory.com

 

そんなときにいちいち検索しなくても良いようにしましょう。 

ではまた。

 

新着記事