クリアメモリ

プログラミングやガジェットレビュー、便利なアプリケーションなど雑多に記録するブログ

【Unity】AdColonyの本番広告切り替えについて

f:id:clrmemory:20171116153333p:plain

こんにちはクリアメモリです!

先日[Unity] AdColonyを導入する方法という記事を書きましたが、AdColonyの日本語版サイトでこのような記述を見つけました。

 

Q:テスト切り替えの際の連絡はいつしたらよいか?

A:ストア通過後に担当者への配信切り替えのご連絡をしてください。

AdColonyを本番の広告に切り替えるには連絡が必要なようです。

 

 

 

はじめに

 

先ほど説明した配信切り替えについての質問はこちらのリンク先に書いてありました。

 

AdColony-iOS-SDK-JP-Support

 

こちらのサイトのストア申請に関してという欄に書いてあります。

ちなみにiOSはストア申請通過後、Androidは申請前に連絡するそうです。

 

この連絡というのがよくわからなかったので色々と探してみました。

 

結果

 

英語で書かれたページや日本語のページを探してみましたが、いまいちよくわかりませんでした。

そこでサポートへ質問メールを送りました。

 

support@adcolony.comへメールを送信した直後に確認メールが届きます。

私の場合2日ぐらい後に返信が届きました。その内容は以下のようなものでした。

 


 

Thank you for the clarification.

You do not need to let us know when your app has passed the examination by Apple or Google Play. When this process is done you can change the setting for Test Ads to No in your app's settings in our system. If you have any problems with the settings or questions after turning off the test ads, please let us know.

Best,


 

この文を訳すと

 


質問を明確化してくれてありがとう。

あなたのアプリが「Apple」や「Google Play」に合格した時に連絡する必要はないよ。

テスト広告を使いたい時にはアプリの設定から[No]に変更できるよ。

まだわからないことがあったら返信してね。

よろしく,


 

という文章になっています。

つまり、ダッシュボードからデバッグモードの設定を「いいえ」に変更していれば、本番用の広告として認められているということです。

ですから、私の場合はすでに本番広告になっていました。

 

本番広告への切り替え

 

ダッシュボードにアクセスします。

 

Monetization > アプリのZone名 > Developmentにある

 

 

Show test ads only (for dev or debug)? のチェック欄を"No"に変更します。

 

 

これだけ設定されていれば本番広告へ切り替えられているようです。

 

重要:AdColonyの広告の種類についてサポートに問い合わせてみました。

[注意!!] AdColonyはCPV広告なのか??

 

注意点とまとめ

 

日本語のAdColonyページに書いてある「本番切り替え」とはテスト広告を非表示にするということだったのですね。

動画広告が流れていても本番切り替えという、妙に引っかかる書かれ方をされていたのでサポートに聞いてみたのですが、対応が素早く、とてもわかりやすく説明してもらうことができました。

 

1〜2日の間に返信がくるはずです。

ちなみに、送信するメールは主要言語に関わらず英語で送信したほうがよいようです。

私は最初、日本語と英語の両方を記載していたのですが、確認メールには英語のみ書かれていました。

 

ここで一つ注意点があります。

 

メールを送信する際には、なるべくなら翻訳ソフトなどは使わないほうがよいでしょう。

私は最初に送信したメールを翻訳ソフトで英語に翻訳したのですが、サポートの方から

 

「何が言いたいのかよくわからないよ!具体的に教えてね。」

というようなメールが返ってきました。

 

できる限り具体的な内容を短めに書くと良いと思います。

もし、AdColonyでどうしてもわからない部分があったらぜひサポートに聞いてみるのが解決への近道だと思います。

 

ではまた。 

新着記事