クリアメモリ

プログラミングやモーショングラフィックス、便利なアプリケーションなど雑多に記録するブログ

【Macアプリ開発記事が見つからない!】OSX開発時の5つの検索方法

f:id:clrmemory:20170422184736p:plain 

SwiftでMac OSXアプリ開発の記事やブログを探そうとしても、Swift開発の記事は大抵がiOSアプリの記事ばかりで、Macアプリの方法は探しにくいですよね。

そのような時に、Macアプリ開発の記事が比較的見つけやすくなる検索方法を知っておくと、スムーズに目的の記事にたどり着けます。

 

そこで今回は、私が実践している「MacOSXアプリ開発の記事(ブログ)の探し方」を紹介するので試してみてください。

 

 

はじめに

 

今回紹介する方法は、私が実践しているMacOSXアプリ開発を勉強する時の記事の探し方なのですが、私の探し方はあくまで一例だと思いますので、その他の探し方ももちろん存在すると思います。その点はご了承ください。

 

MacOSXアプリは、SwiftかObjective-Cで開発することができるのですが、私はSwiftで開発しています。

 

Swiftで記事を探してもiOS開発の記事が多く、MacOSXアプリではうまく動作しないことがあるんですよね。そのような時に、検索方法を少し変えるだけでMacOSXアプリ開発の記事を見つけやすくする方法を幾つか紹介するのですが、それらを組み合わせることで比較的MacOSXアプリ開発の記事を探しやすくなるのではないでしょうか。

 

では順番に見ていきましょう。

 

前提

 

今回の記事は「Swift」でMacアプリ開発の記事を探す方法です。

Swift以外にも、Xamarin Macを使うと「C#」でMacアプリ開発ができるようです。

 

Xamarin Macで開発を行う場合、Windowsアプリ開発と似たコードで記述できるようなので、Windowsアプリのコードを検索してみると良いかもしれません。

コメントにて助言いただきましたので、そちらも確認してみてください。

 

AppleのReferenceを確認

 

MacOSXアプリの開発を行う場合、まずはApple公式のReferenceを確認してみてください。

意外と開発の方法が見つかるかもしれません。

 

https://developer.apple.com/search/

 

とは言ってもあまり詳しい使い方は解説されていないので、いざMacOSXアプリ開発をやってみようという段階では理解しにくいかと思います。

ですので、Referenceは一旦保留にしましょう。

 

コードで検索する

 

MacOSXアプリ開発と、iOSアプリ開発のSwiftでは若干コードが変わります。

Macにのみ存在するコードやその逆は別として、ほとんど同じコードだけど書き方が変わってくる場合、MacOSXアプリ開発のSwiftを検索することで、意外と記事を見つけることができました。

 

普段TableViewを検索しようとした時、以下のようなキーワードで検索するかと思います。

 

・Swift TableView 使い方

・Xcode TableView 使い方

・Mac TableView 使い方

 

実際にChromeで検索してみたところ、いかのような記事(サイト)が表示されました。

 

Swift TableView 使い方:

f:id:clrmemory:20170516144610p:plain

 

Xcode TableView 使い方:

 

Mac TableView 使い方:

 

Mac TableView 使い方で検索したところ、なんとかMacOSXアプリ開発の記事が表示されるようになりましたが、2番目の記事はiOS開発の記事です。

このように「Mac」というようなキーワードを入れても、iOSの記事の方が優先的に表示されてしまいました。

 

そこで、MacOSXアプリ開発の記事を探しやすくする一つ目の方法がこちらです。

 

NS◯◯◯ 使い方 と検索する!

 

先ほどの「Mac TableView 使い方」と検索した結果にもあるように、MacOSXアプリ開発で使用する「TableView」は「NSTableView」です。(iOSはUITableView)

実際にコードで記述する時も、Mac開発の場合はNSTableView型ですよね。

 

このようにNSを頭に付けてあげることで、MacOSXアプリの開発方法が探しやすくなります。実際に検索してみるとこのようになりました。

 

 

画像は一部ですが、この下の検索結果にもMac系の開発記事が多めに表示されています。

余談ですが、こちらの「NS」の意味は、スティーブ・ジョブズ氏がAppleコンピュータの次に開発したNeXTというソフトウェアに使用されていた「NeXTSTEP」というシステムから「NeXTSTEP」を取って「NS」になったと言われているそうですよ。

 

フレームワークで検索

 

続いて2つ目の方法です。

MacOSXアプリ開発でXcodeからプロジェクトを作成する時、いかのような項目を選択するかと思います。

 

 

ここで、「Cocoa」というフレームワークを選択しているのですが、このCocoaというキーワードを入力することでMacOSXアプリ開発の記事が見つかりやすくなりました。

Macアプリ開発で有名な通称「ヒレガス本」のタイトルを確認してみても、Cocoa Programmingというようになっているのがわかるかと思います。

 

Cocoa Programming for OS X: The Big Nerd Ranch Guide (5th Edition) (Big Nerd Ranch Guides)

新品価格 ¥5,538から (2017/3/27 15:41時点)

※こちらのヒレガス本は「洋書」です。過去に翻訳版のヒレガス本も発売されているのですが、そちらはObjective-Cで書かれた書籍なので、注意してください。

 

私自身、MacOSXアプリ開発の備忘録系記事を書いたりするのですが、この「Cocoa」というキーワードをタイトルに入れるようにしています。

では、先ほど同様「Cocoa TableView 使い方」で検索してみた結果がこちらです。

 

 

見つかった記事の2番目も「MacOSXアプリ開発」系の記事になりましたね。

 

キーワードのボリュームを調べてみた

 

ここで一息ついて、キーワードのボリュームを調べてみましょう。

 

ブラウザでどのようなキーワードが、どれくらい検索されているかを調べるためにも使える「キーワードプランナー」というサービスがあります。

こちらは、よくSEO対策で使われるサービスなのですが、ここでそれぞれのキーワードがどのくらい検索されているのかを調べてみました。

 

今回は「Mac開発」「OSX開発」「Cocoa」の3つで試してみることにします。

キーワード自体に一貫性がないため、おおざっぱな目安程度にしかならないのですが、結果は以下のようになりました。

 

 

「Mac」だけでボリュームを調べてしまうと、MacOSXアプリ開発以外の検索ボリュームも追加されてしまうため、このような検索方法になってしまいましたが、それを抜きにしてもCocoaのボリュームがもっとも多いという結果になりました。

とは言ってもCocoa Programmingをする人の絶対数がそもそも少ないので、全体的に見ればこのボリューム数は少ない方です。

 

また、SEOについてはここでは触れませんが、興味がある方はSearch Engin Optimizationなどで調べてみると見つかるかもしれません。

 

英語で検索

 

Swiftで開発されているCocoaアプリの記事を探す場合、日本語で探すより英語で探した方が圧倒的に記事数が多い気がします。

英語が読める方であれば、英語で検索してしまった方が解決策を見つけやすいかもしれません。

 

GoogleChromeの翻訳機能を使って読み解くのもありだと思いますよ。

 

日付を限定

 

この方法は、Cocoaアプリ開発の記事を探すというよりは「Swiftで書かれたMacアプリ開発の記事を探す」方法になります。

前述した通り、XcodeでMacアプリ開発を行う場合に使用できる言語は「Swift」と「Objective-C」です。SwiftはObjective-Cよりも最近できた言語なため、検索結果の記事公開日時を1年以内などにすると、Swiftの記事が見つかりやすくなりました。

 

Google Chromeで日時指定をする場合、任意の検索を行った後「ツール」ボタンをクリックすると表示される項目の中から、「期間指定なし」項目をクリックしてください。

そこで表示される項目の中から「1年以内」を選択しましょう。

 

 

ここで期間指定ありの場合となしの場合で、「Cocoa BackgroundColor」と検索してみました。

 

期間指定なし:

 

期間指定あり:

 

期間を指定しなかった検索結果では、Objective-Cの記事が表示されたのに対し、1年以内を選択した下の画像ではSwiftの記事が表示されたのがわかるかと思います。

また、Swiftは最近できた言語なので「Swift1から2、2から3」へ切り替わることで記述方法が変わってきてしまうため、なるべく最近の記事を探すと、実装がスムーズになるのではないでしょうか。

 

質問サイトを活用

 

先ほど検索した「Cocoa BackgroundColor」を確認してみると分かるように、Stack Overflowのページが表示されています。

StackOverflowはプログラミング系の質問を投稿することで、他の方が回答してくれるサービスなのですが、プログラミングの方法を探す場合、このような質問サイトに同じ悩みが投稿されていないか確認してみても良いかもしれません。

 

Stack Overflow

 

StackOverflowは英語の質問(回答)が多いように感じます。もし日本語の投稿を探す場合はteratailなどを活用してみてください。

 

teratail

 

このほかにも、プログラミング向けというわけではありませんが、知恵袋なども活用できるかと思います。

 

まとめ

 

今回のまとめ

・検索キーワードの頭にNSを付ける

・Macや、OSXではなくCocoaで検索

・英語で検索

・日付指定でなるべく新しい記事を探す

・質問投稿サイトに頼る

 

これらを組み合わせていくことで、Macアプリ開発でわからない箇所の解決方法や、自分が知らなかった処理などを探しやすくなるかもしれません。

 

ぜひ試してみてください。

ではまた。

新着記事