クリアメモリ

プログラミングやモーショングラフィックス、便利なアプリケーションなど雑多に記録するブログ

【Swift】テーブルビューにセルを追加するNSTableViewの使い方

f:id:clrmemory:20170422183405p:plain 

先日、CocoaプログラミングのNSTableViewで、テーブルビューにテキストを表示する方法を紹介しました。

 

その記事では、あらかじめ決めておいたセルを表示していたのですが、今回はテキストフィールドに入力したテキストをテーブルビューに追加する方法を紹介します。

 

 

はじめに

 

今回紹介する方法は「Cocoa プログラミング」で「MacOSX」の開発になります。

 

開発言語はSwiftになっており、Xcodeを使用して解説していきます。

Xcodeのインストールなどはここでは紹介しないので、あらかじめインストールまで済ませておいてください。

 

 

先日紹介したNSTableViewでテーブルビューを表示する方法の記事はこちらにあります。

 

https://clrmemory.com/swift/cocoa-nstableview/

 

こちらはView Basedでテーブルビューを作成しました。

 

ではまず、今回の開発の流れから見ていきましょう。

 

開発の流れ

 

今回作成するテーブルビューには、以下のような機能を実装します。

 

1 あらかじめ指定したセルを作成

2 テキストフィールドに入力した内容を取得

3 ボタンをクリックするとセルを追加

 

 

また、ストーリーボードで使用するオブジェクトは以下になります。

 

TableView (Cell Based)

TextField

Button (Gradient)

 

このような流れで作成してみましょう。

では、コードを書く前にストーリーボードに必要なオブジェクトを配置していきます。

 

ストーリーボードを作成

 

先ほど説明したオブジェクトを配置していきましょう。

 

テーブルビュー、テキストフィールド、ボタンの順番で説明していきます。

 

TableViewを設置

 

まずはテーブルビューを作成します。

右下のオブジェクトリストから「TableView」を探して配置してください。

 

 

TableView の Attributes inspector では以下の項目を変更してあります。

 

 

Content Mode を「View Based」から「Cell Based」に変更。

Columnsを1に変更。

 

 

 

Alternating Rowsにチェックを入れて行を目立たせる。

 

 

 

最後に、TableViewからView Controllerに「dataSource」接続しておいてください。

 

 

 

 

これで、TableViewを使用する準備が整いました。

試しに、以下のようなコードを書いてみるとテーブルビューに項目を表示することができます。

 

import Cocoa

class ViewController: NSViewController, NSTableViewDataSource {

    @IBOutlet weak var tableView: NSTableView!
    var animalList: Array =
        [
            "dog",
            "cat",
            "monkey",
            "lion",
            "elephant"
        ]

    override func viewDidLoad() {
        super.viewDidLoad()
    }

    override var representedObject: Any? {
        didSet {}
    }
    //tableview_datasource
    func numberOfRows(in tableView: NSTableView) -> Int {
        return animalList.count
    }
    func tableView(_ tableView: NSTableView, objectValueFor tableColumn: NSTableColumn?, row: Int) -> Any? {
        return animalList[row]
    }
}

 

tableView は、先ほど作成した「テーブルビュー」とセグエでアウトレット接続されています。

また、セルの表示には「NSTableViewDataSource」を使用するため、NSViewControllerの後に追加しているので注意してください。

 

※NSTableViewがNSScrollViewになっていないか注意しましょう。

 

 

この時点で実行すると以下のようになりました。

 

 

この調子でテキストフィールドとボタンも設置していきましょう。

 

TextFieldを設置

 

テキストフィールドを以下のように設置してみました。

 

 

このオブジェクトは、特にinspectorから設定する必要はありません。

テキストフィールドの右側にはボタンを配置するため、少し空けておきました。

 

このテキストフィールドをViewControllerにアウトレット接続しておきましょう。

> @IBOutlet weak var tableView: NSTableView!

Buttonを設置

 

今回のボタンはGradientボタンを採用しました。

特にこれといった理由はないので、好みで選んで構いません。

 

 

こちらのボタンは「セルを追加」する時に使用するので、ViewControllerにアクション接続します。

@IBAction func addAnimalBtn(_ sender: Any) { }

 

 

これでストーリーボードは完成しました。

最後に、テキストフィールドに入力されたテキストを、テーブルビューのセルに追加する処理を書いてみましょう。

 

コードを作成

 

実際に完成すると、以下のようになりました。

 

 

ボタンをクリックすると、テキストフィールドに入力した内容を追加で着るようになっています。

 

 

では実際にコードを確認してください。

今回作成したコードは以下のようになりました。

 

import Cocoa

class ViewController: NSViewController, NSTableViewDataSource {

    @IBOutlet weak var tableView: NSTableView!
    @IBOutlet weak var animalText: NSTextField!

    var animalList: Array =
        [
            "dog",
            "cat",
            "monkey",
            "lion",
            "elephant"
        ]


    override func viewDidLoad() {
        super.viewDidLoad()
    }

    override var representedObject: Any? {
        didSet {}
    }

    // add animal list - action >>>
    @IBAction func addAnimalBtn(_ sender: Any) {

        let addAnimal = animalText.stringValue

        animalList.append(addAnimal)
        tableView.reloadData()

        animalText.stringValue = ""
    }

    //tableview_datasource >>>
    func numberOfRows(in tableView: NSTableView) -> Int {
        return animalList.count
    }
    func tableView(_ tableView: NSTableView, objectValueFor tableColumn: NSTableColumn?, row: Int) -> Any? {
        return animalList[row]
    }
}

 

先ほど作成した「TextField」と「Button」がそれぞれ接続されているのを確認してください。

TextField -> animalText

Button -> addAnimalBtn (Action)

 

 

テキストフィールドのアウトレット接続以外で、新たに追加したコードは以下になります。

 

   // add animal list - action >>>
    @IBAction func addAnimalBtn(_ sender: Any) {

        let addAnimal = animalText.stringValue

        animalList.append(addAnimal)
        tableView.reloadData()

        animalText.stringValue = ""

    }

 

この部分が「ボタンが押された時にテキストフィールドの中身をセルに追加」するコードになっています。

 

順に見ていきましょう。

 

解説

 

今回作成したコードでは、まず「addAnimal」を作成し、テキストフィールドの中に書かれた文字列を取得します。

 

続いて

 

animalList.append( )

 

で、animalList(初期状態で表示されるanimalの配列)に取得した文字列を追加しています。

 

 

これで、テーブルビューの中に取得した文字列を追加することができたので、テーブルビューを更新するために

 

tableView.reloadData( )

 

を記述する必要があります。

 

 

最後にテキストフィールドの中身をリセットするので、テキストフィールドを空白「" “」にしています。

 

 

まとめ

 

今回紹介したように、テーブルビューにセルを追加したい時は「reloadData( )」を使ってテーブルビューを更新する必要があります。

また、別のビューからtableView.reloadData( )を使用すると、エラーが発生するので注意が必要です。

 

リストなどを作成するとき、テーブルビューはかなり便利に使えるので是非覚えてみてください。

ではまた。

新着記事