クリアメモリ

プログラミングやガジェットレビュー、便利なアプリケーションなど雑多に記録するブログ

【レビュー】マウステーブルを使ってスペースを拡張してみた!

f:id:clrmemory:20171122122334p:plain

こんにちはクリアメモリです!

フルキーボードを使っていて、デスクにマウスを置くスペースが足りないと感じたことはありませんか?マウス操作時にキーボードにぶつかったり。

今回は、そんなデスクにマウスを置くスペースを拡張できる「マウステーブル」を紹介します。

 

はじめに

 

今回は「PCデスクのマウス置き場を拡張」できるマウステーブルをレビューしていきます。

Check!!
サンワダイレクト マウステーブル 360度回転 クランプ式 硬質プラスチック製 ブラック 200-MPD021BK
Amazonでチェック

 

クランプで挟み込むようにして設置できるので、空中にマウス置き場を作れるイメージです。

 

こんな人にオススメ!

  • キーボードが大きくてマウスが置けない
  • マウスの高さを変えたい
  • 邪魔にならないマウステーブルが良い
  • デスクに取り付けるスペースがある

 

開封

 

サンワサプライのマウステーブルを開封すると、3つのパーツが出てきました。

 

f:id:clrmemory:20171122110346p:plain

 

これらを組み立てることでマウステーブルとして使用できます。

画像の一番大きな板が「マウスを置くテーブル」になり、そこにクランプの部品を取り付けるということですね。

 

f:id:clrmemory:20171122110440p:plain

 

残った小さな部品は「ネジ部分を隠す」ためのキャップです。

 

f:id:clrmemory:20171122120934p:plain

 

クランプで設置可能

 

先ほども紹介した通り、サンワサプライのマウステーブルはクランプで設置できます。

そのため、デスク上のスペースが少なくても設置できるはずです。

 

f:id:clrmemory:20171122110542p:plain

 

実際に設置するとこのようになりました。

(撮影用に用意したテーブルなので、実際に使っているデスクとは別物です)

デスクのスペースをほとんど取らずに、マウスを置くスペースを拡張できましたね。

 

ただし注意点があります。

 

スペース サイズ
デスクの天板 17〜40mm
奥行き 約45mm

 

これらのスペースが必要になります。

また、基本的に大丈夫だとは思いますが、マウスパッドを使わずにテーブルの上で操作する場合の対応マウスも確認しておきましょう。

 

  • レーザー式
  • 光学式
  • ブルーLED式
  • IRセンサー式

 

これに加えて「トラックボール」マウスも対応しています。

 

回転できる

 

私が、サンワサプライのマウステーブルを購入した決め手になったのが「回転して柔軟に拡張できる」という点でした。

 

f:id:clrmemory:20171122110710p:plain

 

デスクを拡張できるといっても、設置してみるまで使いやすい・疲れにくいというのはわかりませんよね。

 

その点、このマウステーブルは「360°」どこでも回転して位置を調整できるので、自分の思った位置でマウスを操作できちゃいます。

マウステーブルを使って初めて気づいたのですが、私は少しマウスを左に傾けた状態がもっとも操作しやすいみたいです。

 

さらに、マウスを使わない時はデスクの下にしまっておくこともできます。

 

f:id:clrmemory:20171122110925p:plain

 

たまにしかマウスを使わない方にもオススメですね。

 

クランプ部分の高さは変わらない

 

クランプ式のアイテムを取り付けようとした時、

「クランプを締めればちょうど入るのにネジが出てくるから下にぶつかるから設置しにくい」というような経験はありませんか?

 

サンワサプライのマウステーブルは、クランプのネジ部分を回して取り付けるので、ネジを最大まで閉めても、最大まで広げても高さは変わらないんです。

 

f:id:clrmemory:20171122111203p:plain

 

これについては購入後に気づいたのですが、おかげでスムーズに設置できました。

 

天板は平面のみ対応

 

サンワサプライのマウステーブルはクランプで固定するので、デスクの天板が曲面になっていると取り付けできません。

天板が平面のデスクを選ぶか、設置する位置を変えて使ってください。

 

一段低い位置に設置できる

 

マウステーブルの形状を見ても分かる通り、クランプ部分があるため「マウスは一段下がった位置」になります。

 

f:id:clrmemory:20171122111530p:plain

 

人によって好みはあると思いませんが、マウスを一段下げることで「手を乗せるようにして」操作できるので疲れにくいと感じました。

トラックボールマウス(m570tなど)を使っている方は特にオススメ。

 

設置面は省スペース

 

実際にマウステーブルを設置してみました。

 

f:id:clrmemory:20171122121333p:plain

 

画像からも分かる通り、サンワサプライのマウステーブルは設置に必要なスペースが小さいんですよね。

そのため、クランプに手が当たって邪魔になることもありません。

 

f:id:clrmemory:20171122111649p:plain

 

また、クランプの角は「丸み加工」が施されており、引っかけたり傷つけたりしにくい形状になっていました。

 

f:id:clrmemory:20171122121414p:plain

 

ケーブルマネージャー付き

 

私は無線マウスを使っているのですが、一応「ケーブルマネージャー」も付いていました。

ここにマウスのケーブルを挟んで置くことで、ケーブルが絡まりにくくなるということですね。

f:id:clrmemory:20171122111817p:plain

 

ただ有線マウスの場合、可動域分のケーブルは確保しなくてはいけないので、私が有線マウスを使っていたとしても、正直ケーブルマネージャーは使わないと思います。

 

マウスパッドは硬質素材

 

マウスパッド部分は硬い素材でできていました。(本体箱にPPとの記載あり)

マウスの操作には問題ありませんが、これまで柔らかい素材のマウスパッドを使ってきた方は、違和感を感じるかもしれません。

 

また、マウステーブル本体のスペースは

196mm
252mm

というようになっています。

 

製品によっては、マウステーブルの上にマウスパッドを乗せる使い方もできるので、購入前に愛用しているマウスパッドのサイズを測って置くようにしましょう。

 

マウス以外の可能性

 

実際に2週間ほど使用してみた感想としては

  • 拡張性アリ
  • 回転して位置調整
  • 高さがちょうどいい

ということもあり、とても気に入っています。

 

マウステーブル以外にも、ベッドの横にスマホ置き場を拡張したり、デスクの下に物置きを作ったりと、使い方次第でいろんな使い道があると感じました。

身の回りでちょっとスペース足りないな、と思っている場所があったら、サンワサプライのマウステーブルを取り付けてみてはいかがでしょうか。

 

Check!!
サンワダイレクト マウステーブル 360度回転 クランプ式 硬質プラスチック製 ブラック 200-MPD021BK
Amazonでチェック

 

まとめ

 

今回紹介した「サンワサプライ マウステーブル」を使うことで、スペースを拡張でき、マウスを扱いやすくなりました。

www.clrmemory.com

 

デスク周りのスペースを拡張したい方はぜひ検討してみてください。

ではまた。

新着記事