クリアメモリ

プログラミングやガジェットレビュー、便利なアプリケーションなど雑多に記録するブログ

【HUION Kamvas GT-191レビュー】5.5万円の液タブなのに筆圧検知8192段階でIPSパネル!初液タブにもおすすめです

f:id:clrmemory:20170817110751p:plain

こんにちはクリアメモリです!

先日、新発売されたコスパ最強の液晶タブレット「HUION Kamvas GT-191」を購入しました。最近発売されたものなのでちょっと不安だったのですが、2週間ほど使用した結果どうだったのかレビューします。

はじめに

 

今回紹介する商品は「HUION」から最近発売された

HUION Kamvas GT-191」です。

19.5インチモデルで、同じサイズの中では圧倒的にコスパが良い液晶タブレット(いわゆる液タブ)なのですが、結果から先に言っちゃうと不具合もなく最高の商品!でした。

Check!!
HUION Kamvas GT-191 液タブ フルHD IPS液晶ペンタブレット 19インチペンディスプレイモニター
Amazonでチェック

 

この商品について価格・付属品・仕様や、

2週間使って見た感想などについてレビューしていきます。

では早速見ていきましょう。

 

びっくりするほど安い!

 

まず、HUIONの液タブを購入検討する方の大半は、

価格が安いからって感じだと思います。

私は「Amazon」から購入したのですが、購入時の価格で「54999円でした。

f:id:clrmemory:20170817054528p:plain:w400

 

価格を考慮せず最強の液タブを購入したいって方は、

WacomのCintiqあたりを検討して見てください。

Check!!
ワコム 液晶ペンタブレット 21.5インチ Cintiq22HD 【新型番】2015年1月モデル DTK-2200/K1
Amazonでチェック

 

Cintiqをチェックするとわかるのですが、だいたい同じようなサイズなのに「価格が3倍以上」するんですよね。やはりHUIONの強みっていうのはこういうところにあると思います。

ちなみにCintiqで人気があるのは「13インチ」だと思います。

Check!!
ワコム Wacom Cintiq Pro 13 液晶ペンタブレット 13.3 インチ Full HD 液晶タブレット Wacom プロペン2付属 Mac Windows 対応 DTH-1320/K0
Amazonでチェック

 

13インチモデルと比べても、

HUIONの方が圧倒的に安いですよね!

ですが、やはり安いものだと、不良品やスペックへの不安が気になるところです。

 

価格の割にスペックがすごい!

 

HUION GT-191のスペックはこんな感じになっています。

- -
ブランド HUION
液晶サイズ 19.5インチ
液晶タイプ IPSパネル搭載
アスペクト比 16 : 9
解像度 fullHD 1920*1080
視野角 178°
発送重量 約7kg
本体重量 約3.3kg
対応OS Windows 7/8/8.1/10,
Mac OS X10.10.0
筆圧検知 8192段階
表示可能色 1670万色

 

Cintiqと比べられる程、しっかりしたスペックになっています。

いくつかピックアップして見ていきましょう。

 

ちょうど良い19.5インチ

 

プロ仕様で多くの人に人気があるCintiqの中でもよく使われている13インチと比べると、HUION Kamvas GT-191は19.5インチあるので、画面が大きくなっています。

そのため、当然ですがイラストを描く時に広く使えますし見える範囲も広がります。

 

19.5インチはイラストを描きやすく、かつ置き場所に困らない大きすぎず小さすぎず、ちょうど良いサイズだと感じました。

とは言ってもそれなりのスペースは必要なので注意してくださいね。

 

fullHDでIPSパネル搭載

 

このHUION Kamvas GT-191は「IPSパネル」を搭載しています。

IPSパネルっていうのは、簡単に言っちゃうと高価格な液晶パネルで、視野角による色や輝度の変化が少ないというもの。要するに良い液晶ってことですね。

 

視野角は178°

 

先ほども出てきた視野角というキーワードですが、これは横から見た時にどれぐらいまで見えるかの目安です。

HUION Kamvas GT-191は真正面が0°で視野角178°ですから、ほとんど真横から見ることもできます。実際に試してみましたが、横からでもよく見えて快適でした。

f:id:clrmemory:20170817064643p:plain:w400

 

ほぼ真横から撮影して見ましたが綺麗ですね!

 

8192段階の筆圧検知

 

HUION Kamvas GT-191は、8192段階で筆圧を検知することができます。

まじで8192段階じゃん!ってほど実感はできないのですが、

筆圧で線の太さが変えられるのはやはり大事です。

 

ちなみに執筆時点で、8192段階の筆圧検知ができるのはWacom製液タブとHUION製液タブだけでした。Wacom製液タブと比べられるってだけでもすごいことですよ!

 

付属品

 

Kamvas GT-191に付属していたのは、以下のアイテムです。

  • 液タブ本体
  • 電源ケーブル
  • HDMIケーブル
  • 充電式ペン2本
  • ペンホルダー(ペン置き)
  • ペン先
  • ペンの充電ケーブル
  • USBケーブル
  • 手袋
  • 液晶用クリーニングクロス
  • インストールディスク
  • ユーザーマニュアル
  • HUIONのカード
  • プラスドライバー

 

こんな感じでした。

f:id:clrmemory:20170817070655p:plain

 

詳しくは後述するのですが、Kamvas GT-191のモニタースタンドは自分でつける必要があります。そのため、プラスドライバーが1本ついていました。

f:id:clrmemory:20170817070817p:plain

 

また、HUIONのカードというのは「ありがとうございます」と日本語で書かれていて「Skype」などのアドレスが記載されたカードでした。

PCと接続するためのケーブルはHDMIケーブルが付属していますが、PCに端子がない場合は別途で変換ケーブルを用意する必要があります。

 

ちなみに私は「iMac」で使用しているため、thunderboltからDVIケーブルに変換して使用しています。DVIケーブルについてはこちら。

www.clrmemory.com

 

変換ケーブルはこちらを購入。

ケーブルの端子を選ばないので、

Macユーザーはとりあえずこれを選んでおけば大丈夫でしょう。

Check!!
Patech 3 in 1 ミニディスプレイポートミニDP →DVI VGA HDMIビデオアダプタケーブル Mac Book Air, Mac Book Pro, iMac, Mac mini surface pro 1 2 3対応 -ブラック
Amazonでチェック

 

心配なのは配送状態

 

HUION Kamvas GT-191を開封して見て最初に驚いたのは、丁寧な梱包でした。

というのもダンボールを開くと、冒頭で紹介した画像のような箱に入って配送されてきたのですが、その中にさらに「2枚の板」が入っていたんですよ。

f:id:clrmemory:20170817064748p:plain:w400

 

紙製っぽいのですが、かなりしっかりしています。

発泡スチロールをこれらで挟むようにして入っていたので、衝撃への対策はばっちりだったはずです。この様な梱包は初めて見たので驚きました。

もちろん本体に傷はなく、付属品もちゃんと揃っていました。海外製の商品で、不良品が届いたというようなレビューもあって心配していたのですが、予想以上でした。

 

画面の厚さ

 

液タブで問題になるのが、ガラスの厚みによる「ペンの位置とカーソルのずれ」だと思います。

これについては、HUIONのドライバをインストールして「キャリブレーション」という機能を使えば、ある程度調整することができます。

 

f:id:clrmemory:20170817065150p:plain:w400

 

私の場合、使用直後は気になっていましたが、数時間で忘れました

書いていくうちに慣れるかと思います。

 

色の差

 

HUION Kamvas GT-191は、メインで使用しているモニターと色が違うというような場合でも、HUION側から調整することができるんです。

本体ボタンを押すことで設定画面が表示され、RGBを細かく調整できました。

f:id:clrmemory:20170817065744p:plain:w400

 

片手で操作できるモニタースタンド

 

HUION Kamvas GT-191のモニタースタンド(角度調整するやつ)は、

片手で調整することができるんです。

これについては、実際に操作してみないとわかりにくいのですが、以下画像にある部分を引っ張ることで角度を調整できるようになります。

f:id:clrmemory:20170817071030p:plain

 

これがすごくて、ほぼ平面から90°まで角度を調節できちゃうんです。

f:id:clrmemory:20170817071331p:plain:w400

 

また意外なほどスムーズに調整できるので、力を入れる必要は全然ありませんでしたし、自分にあった角度で絵を描けますね。

ちなみにこのスタンドは、自分で取り付ける必要があります。付属のドライバーを使って付属されているネジで固定します。

f:id:clrmemory:20170817071603p:plain:w400

 

ケーブルは挿しづらいかも

 

HDMIケーブルやDVIケーブル、電源ケーブルまで全てのケーブルは「背面の下部分」にあります。ですので、ケーブルを抜き差しするときは後ろ側に回る必要がありますし、ケーブルの角度が苦しくなってしまいます。

f:id:clrmemory:20170817071906p:plain:w400

 

また、ケーブルが常に折れ曲がった状態なのでちょっと心配です。

現状影響はありませんが、なるべくまっすぐにして設置しています。

 

Wacomドライバとの干渉について

 

私は、過去に「Wacom Intuos Comic M」というペンタブを購入して使っていたのですが、これを使うのに「Wacomドライバ」が必要でした。

HUION Kamvas GT-191を使うためには、他社のドライバはアンインストールが必要になる。と書かれていたのですが、実際に使ってみるとどちらも問題なく使用できました

 

これが相性なのか、私の環境だけなのか、Wacomドライバ(Intuos Comic M用)だけ大丈夫なのかについてはわかりませんが、必ずしもアンインストールが必要になる訳ではない様です。

www.clrmemory.com

 

液晶保護フィルムは…

 

HUION Kamvas GT-191には、初めから液晶保護フィルムが貼られた状態で配送されるのですが、これはほとんど使い物になりません

画面の四隅には両面テープがばっちり見えましたし、ペンで書くと「キュッ」という音がなってしまい、耐えられず即外しました。

f:id:clrmemory:20170817070432p:plain:w400

 

配送用の保護フィルム程度に考えた方が良さそうです。

 

実際に使ってみて

 

実際にHUION Kamvas GT-191を使ってみて、

不満はなくコスパも最高の液タブだと感じました。

書き心地も良いですし、広いスペースで書けるのでとても満足しています。

 

温度

 

ちょっと温度について触れておきます。

正確な温度は測っていないので感覚の話になってしまうのですが、あったかくなる程度には温度が上昇する感じです。

 

夏場のあっつい部屋で使用したら、その分温度も上昇するかもしれませんが、普通にイラストを描いたりするだけなら気にならない程度でした。

Check!!
HUION Kamvas GT-191 液タブ フルHD IPS液晶ペンタブレット 19インチペンディスプレイモニター
Amazonでチェック

 

まとめ

 

今回、HUION Kamvas GT-191という液タブを購入してみて、実感したのはやはりコスパ最強という点でした。

5万円代で購入できて、ここまでしっかりしたスペックの液晶タブレットはなかなかないんじゃないですかね。とても満足しています。

www.clrmemory.com

 

Kamvas GT-191に感動しすぎて長くなっちゃいましたが、Wacom製の液タブは高すぎて、手が出せないという様な方はぜひ購入を検討して見てください。

ではまた。

新着記事