読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クリアメモリ

プログラミングやモーショングラフィックス、便利なアプリケーションなど雑多に記録するブログ

xcodeでArchive時にビルドエラー ~armv7 ~arm64

f:id:clrmemory:20170422154635p:plain 

こんにちは。

 

xcodeでArchiveし、いざアプリをアップロードするぞ!

となった時にビルドエラー…。

 

たしか、実機転送の時はエラーなんて出ていなかったのに。という人はフレームワークを見直したほうがいいかもしれません。

 

 

はじめに

 

私の場合、nend広告とUnityAds広告を導入しているのですが、この2つに必要なフレームワークが足りませんでした。

最初エラーの内容を見た時に ~ armv7とか ~ arm64とか書かれていてArchitecturesの設定がどこかおかしいのかと勘違いしました...。

 

必要なフレームワーク

 

nend

 

• nendに必要なフレームワーク

 

AdSupport.framework

Security.framework (StatusはOptionに変更)

ImageIO.framework  これが足りなかった...。

libNendAd.a

 

UnityAds

 

• そして、UnityAdsに必要なフレームワーク

 

UnityAds.framework (自動で追加されていない人のみ)

iAd.framework (StatusはOptionに変更)

AdSupport.framework (他の広告ですでに入っている場合は不要)

StoreKit.framework  これも足りなかった。

libiPhone-lib.a

 

まとめ

 

Unityでは、アプリをビルドするときに上書き保存(Apend)か新規保存(Replace)を選択することができます。

ここでReplaceを選択すると、アプリを新規に保存するのですが、この状態だとフレームワークまで初期化されてしまします。

 

自動で追加されていない場合は、Replaceするたびにフレームワークを追加しなければなりません。忘れないようにしましょう。

 

nendとUnityAdsを導入していて、 ~ armv7 や ~ arm64が表示される際には、フレームワークが正しく入っているかどうか確認してみてはいかがでしょうか。

ではまた。