クリアメモリ

プログラミングやモーショングラフィックス、便利なアプリケーションなど雑多に記録するブログ

Mac ディスプレイの明るさを微調整する方法

f:id:clrmemory:20170422152200p:plain 

先日、Macの音量が1メモリでも大きい! という記事を書いたのですが、同じように画面の明るさも設定できたので紹介します。

 

明るさを微調整することによって、より自分好みのディスプレイにすることができます。

また、明るさによっては目の負担にも関わってくると思いますので、参考にしてみてください。

 

 

はじめに

 

今回紹介する方法を使えば、Macから出る音量を1メモリ以下に設定することができます。

 

 

もし音量を1に設定していても音が大きいと感じる時などに試してみてください。

新規にアプリケーションなどは必要ないので、気楽に微調整することができます。

 

概要

 

システム環境設定 > キーボード > F1,F2などの〜にチェックが入っているか確認してください。

 

入っている場合と入っていない場合で、少しコマンドが変わります。

確認できたら次に進みましょう。

 

実際に動作が変わってくるのはまだ先になります。。

 

今回紹介する機能はMac標準機能なので、面倒なインストール作業などをしなくて良い、というのが利点です。さらにキーボードから操作できるので、素早く設定できます。

設定方法

 

明るさを指定する方法はコマンドを打ちます。

 

キーボードの表記に関してはこちらから確認してください。

 

https://clrmemory.com/mac/keyboard-shortcut-command/

 

 

1メモリずつ操作するコマンドはfn + F1 or F2です。

 

このコマンドを押しても変化がない場合には、冒頭で紹介したシステム環境設定を確認してください。

 

この部分にチェックが入っているとfn + FOというように入力し、入っていない場合はfnを押さずにF1 or F2を押しましょう。

 

 

1メモリより詳細に明るさを設定する

 

1メモリより小さく設定するには先ほどの、コマンドに追加でshift + optionを押すだけです。

 

環境設定のチェックありの場合 → shift + option + fn + F1

 

といった具合に入力します。

 

これだけで、より詳細な明るさを設定することができるようになりました。

 

 

まとめ

 

今回のコマンドを使えば、通常の4分の1ずつ調節できます。

 

画像で見てみるとこのようになっています。

 

 

 

一目瞭然ですね。

 

数値にすると25%の明るさになっています。

 

1.25など途中から詳細な設定などもできるので、自分にぴったりな明るさでPCを使えます。

 

このようなコマンドを使いこなして快適にPCを利用しましょう。

 

 

ではまた。