クリアメモリ

プログラミングやモーショングラフィックス、便利なアプリケーションなど雑多に記録するブログ

【Qtuo】激安ワイヤレスマウスをMac用に購入してみた Part2

f:id:clrmemory:20170422181206p:plain 

前回、Qtuo激安ワイヤレスマウスについて紹介しました。

紹介したいことが多すぎて書ききれなかったので、今回は前回に引き続きQtuo ワイヤレスマウスの紹介をします。

 

 

はじめに

 

こちらの「Qtuo 2.4G ワイヤレスマウス」はAmazonにて購入しました。

購入時の価格で、1000円行かなかったのでかなりお買い得ですね。

 

Qtuo 2.4G ワイヤレスマウス 無線マウス 5DPIモード 2400DPI 高精度 ボタンを調整可能 コンパクト 省エネルギー 持ち運び便利 ブラック

新品価格
¥988から
(2017/5/19 17:31時点)

 

また「重さ」「付属物」「ボタン」などについては前回の記事で紹介しているので、まず先に確認してみてください。

 

https://clrmemory.com/mac/qtuo-review-p1/

 

 

今回の記事では、前回紹介しきれなかった「マウスやホイールの使いやすさ」「マウスパッドの必要性」「配送時の状態」「耐久性」あたりを書いていこうと思っています。

 

ではまず、マウス本体の使いやすさについて見ていきましょう。

 

マウスの持ちやすさ

 

まず以下の画像を見ても分かる通り、こちらのマウスは若干左方向にカーブしているような形状担っています。

img_1533

 

カーブというよりは、凹みの厚さが影響しているのかもしれません。

右手薬指はともかく、親指はかなりフィットしています。

 

さらにこのマウスがフィットする理由にあるのが、親指部分にある「ゴム製グリップ」です。

img_1540

 

このグリップが滑り止めになっており、握りやすくなっていますね。

 

 

 

ですがやはりこの形状なので、もし左利きで左手でマウスを使用したい方は、かなり厳しいと思います。

試しに左手でマウスを持ってみたのですが、全くフィットしませんね。当然ですが。。。

 

ホイールの重さ

 

場合によっては重要になるホイールの重さですが、こちらもそこまで問題ないように感じました。

ただ、若干メリハリが無いといいますか、ホイールを少し回したい時に軽く行き過ぎてしまうことがあります。

 

とは言っても一定回転ごとにカクカクというように、止まるようになっているので使いづらいとまではいかないですね。

 

 

回した感覚としては、軽いです。

そしてこちらのホイール部分にも、グリップが付いていますので回しやすくなっています。 %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-24-2-37-54

 

このグリップのおかげで、ホイールが滑って回しにくいということはまず無いでしょう。

 

Apple Magic Mouseなどと比べると、チルトホイールが無いのが少し残念ですが、価格を考えれば当然といった感じですね。

(チルトホイールというのは、横スクロールするためのホイール)

 

サイドボタンの押し心地

 

サイドボタンは見る限り、細かったので押し心地はあまり期待していなかったのですが、予想以上に「カチッ」という音とともに押した感覚を得ることができます。

 

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-24-2-45-02

 

左右クリックと比べると軽いですが、押し心地もバッチリです。

また、個人差は多少あると思いますが、ボタンの位置も丁度良く親指の位置にあるのでブラウザバックしたいタイミングで親指を移動せずにクリックできます。

 

以外と高さもあるので「どこにボタンがあるのかわからない」などといったこともありません。

 

 

※前回記事でも紹介しているのですが、こちらのサイドボタンはMacで使用する場合、デフォルトでは機能しないようになっています。

無料ツールを使う必要がありますので注意してください。

 

質感

 

マウス本体の質感ですが、写真の通り「マット」な感じになっており、触った感触もサラサラした質感になっております。

 

全面マットだったら、少し使いづらかったかもしれませんが「ゴム製グリップ」のおかげで、しっかり支えることができますね。

 

マウスパッドは必要か

 

マウスパッド有りの時と、無しの時で操作感に違いが出てくるのか試してみました。

 

まずマウスパッド有りの場合ですが、こちらは普通に「動かしやすく、泊まりたい場所でピタッと停止」できます。

つまり普通のマウスと同じですね。

 

※マウスパッドの質や個人の感性によってこの辺りは変わってきます。

 

 

 

続いて、マウスパッドを使わずに使用した場合です。

こちらもデスクによって多少変わるかもしれませんが、私の場合はあまり好きではありませんでした。

 

普段からマウスパッドを使用しているというのもありますが、マウスパッドを使わないと、底面のグリップが引っかかる感じがします。

そこが若干気になる点ではありますが、使用できないというほどでは無いです。

 

 

普段マウスパッドを使用しない方にとっては、全く気にならないかもしれません。

どちらにせよ慣れている方でどちらでもよりという感じですね。特に無いとダメというわけでは無いです。

 

配送時の状態

 

激安商品なので当たり外れがあるかなと危惧していたのですが、配送状態は全く問題なく、傷なども特にありませんでした。

 

ただし、底面のグリップに貼られている保護シートが剥がれていたりといったことはありました。

もしかしたら商品によって差があるかもしれませんが、期待以上に綺麗な状態で届きました。

 

 

メーカーの箱とかは特になく、段ボール質の箱の中に梱包が施されており、取扱説明書が付属していました。

img_15412

 

※著作権対策のため、画質を下げて撮影しています。実際はしっかり読めるので安心してください。

 

説明書は英語と日本語で書かれていますが、特に必要無いくらい簡単な操作で使いこなすことができました。

 

耐久性

 

耐久性に関しては、どのくらいが妥当なのかわかりませんが、2016/09/19より使用を開始しています。

 

この記事にしばらく更新が無い場合は、それだけマウスが使えていると考えてください。

壊れ次第追記する予定です。

 

まとめ

 

このマウスを見つけてまず驚いたのは、おそらくこの価格ですよね。

 

主な仕様はPCでアプリケーションの仕様なので、激しいゲームでの検証はしていないのですがこれだけのパフォーマンスで、1000円を切るというのは素晴らしいです。

 

 

マウスにこだわっている方にはあまり良く無いのかもしれませんが、私のようにただのツールとして使用する方にはかなりオススメです。

もしマウスが不調で、価格の安い商品を探している方は是非購入を検討してみてください。

 

ではまた。