クリアメモリ

プログラミングやモーショングラフィックス、便利なアプリケーションなど雑多に記録するブログ

【激安】Qtop青軸メカニカルキーボードをMac用に購入してみた Part1

f:id:clrmemory:20170422181434p:plain 

先日Amazonにて、激安の青軸メカニカルキーボードを購入してみました。

激安のキーボードなので恐る恐るだったのですが、とても満足していますのでレビューしてみようと思います。

 

 

はじめに

 

今回レビューを紹介するキーボードは「Qtop」の青軸メカニカルキーボードになります。

私はAmazonで購入したのですが、購入時の価格で3888円でした。(2016/09/17現在)

 

Qtuo 87キー メカニカル式 ゲーミングキーボード 青軸 USB有線キーボード 防水機能付き キーキャププーラー付き 日本語取扱書付き Windows10、Windows 8、Mac OS 対応 ブラック

新品価格
¥3,588から
(2017/5/19 17:19時点)

img_15431

 

 

まず、このキーボードを購入するまでに至った経緯なのですが、私はもともとAppleのBluetooth接続キーボードを使用していました。

使いやすいキーボードなのですが、キーストロークが浅く指が当たる感覚があまり好きではありませんでした。

 

また、キーボード自体が薄いために、ずっと使っていると曲がってきてしまうんですよね。

そのためキーボードの端を押すとガタガタ揺れてしまい、タイピング時に動いてしまっていました。

 

 

そこで、安くて良さそうなキーボードを探していたところ、発見したのが今回紹介する「Qtop 青軸メカニカルキーボード」です。

本来は、ゲーミングキーボードらしいのですが、プログラマやライターにもおすすめだと書かれていたのでとりあえず試してみることにしました。

 

 

では、この商品について以下から紹介していきます。

 

合わせてお得!

 

私がこのキーボードを購入する前に、実はマウスを探していたんですよね。

その時に、Qtop メカニカルキーボードと合わせて購入すると割引があると書かれていました。

(購入時)

 

現在もそのキャンペーンが行われているのかはわかりませんが、私はまんまとその策にはまったというわけですね。

 

 

こちらのマウスについてもレビューを行っています。

1000円以下で購入できた激安ワイヤレスマウスなので、よければ確認してみてください。

 

https://clrmemory.com/mac/qtuo-review-p1/

 

メカニカルキーボードって?

 

まずメカニカルキーボードとは何か、について解説していきます。

とは言っても、私自身メカニカルキーボードは初めて使用するので厳密には違うかもしれません。

 

「メカニカルキーボード」というのは機械的なボタンを使用しており、押した時にカチカチとスイッチを押すような感覚を得られるものです。

対して、メカニカルキーボードではないタイプの一般的なキーボードを「メンブレン式」と呼ぶそうです。

 

メカニカルキーボードはメンブレン式に比べて高価になる傾向があるようなので、今回紹介するキーボードはかなり安い商品になっています。

 

 

また、メカニカルキーボードには「軸」というものがあり、この軸の種類によって打鍵の重さが変わってくるようです。

img_155111

 

赤、茶、青、黒の軸があるようで、赤 > 茶 > 青 > 黒の順に重くなっていくらしいです。

軸の確認方法は後述します。

 

今回のQtopキーボードは「青軸」なので、2番目に重い打鍵になっています。

 

キーストロークの深さ

 

まずメカニカルキーボードを選ぶ時に重要なのが、キーストロークの深さ(キーを押した時の沈む深さ)ですよね。

 

こちらのキーボードは2〜3mm沈むようになっており、タイピングするたびに「カチ」という音が鳴るので、押し心地はかなり良いです。

また、キーとキーの間隔が数ミリありますので、隣り合ったキーを同時に押してしまうというようなミスはなくなります。

 

打鍵感

 

タイピングした時の感覚として、まず感動したのが「押した感」がしっかりしているという点ですね。

 

タイピングをしていると、キーを押したつもりが押せていなくて、タイプミスをしてしまうことがあると思います。

2回押してしまった時も然り。

 

そのような時にすぐ気付くことができるので、タイピングの無駄が減ると思います。

 

 

続いて実際に使ってみて感動するのが、疲労が少ないという点です。

青軸でストロークが深いとなると、結構指が疲れそうなイメージがあるのですが、実際に使ってみるとメンブレン式のキーボードより圧倒的に疲れにくいです。

 

この記事を書いている段階で、すでに1万文字以上書いていますので、打鍵数にするとだいたい2万回打ち込んでいますが、まだ指は疲れていませんね。

過去使用してきたメンブレン式キーボードだと、手の甲あたりがだんだん痛くなっていたのですが、その疲労が全くありません。

 

 

これはおそらくQtopだからというわけではなく、メカニカルキーボードがそういった構造になっているのではないでしょうか。

 

構造

 

今回私が購入したキーボードは「テンキー」付きのキーボードです。

img_15145

 

また、こちらの商品は「US配列」のみになっています。

日本語が表記されていなかったり、若干配置が変わってしまっているので慣れるまでに多少時間がかかるかもしれません。

 

ただ、普段記事を作成したり、プログラムを書くことが多い私にはUS配列の方がむしろ使いやすいかなといった具合ですね。

 

これまで、JIS配列でしたので、2週間ほどで慣れることができています。

そこまで日本語配列にこだわるのでなければ、問題ないでしょう。

 

サイズや重量

 

続いてQtop メカニカルキーボードのサイズについて紹介します。

 

横幅

 

こちらのキーボード、横幅がかなり長くなっています。

テンキーがついているからというのもありますが、Appleのキーボードと比べると左右キーの分も加えて大きくなっています。

img_15414

 

 

キーボード本体が約470mmでしたので、だいたい500mm(50cm)ほどのスペースが必要になると思います。

 

重量

 

重量は1kg〜2kgの間だと思われます。

 

手で抱えた感じでは、かなり重たく感じます。

両手で持つ分には問題ありませんが、片手で持ち上げようとすると重くて持っていられませんでした。

 

また、このように重たいので、持ち運びには向かないと思います。

私は自宅用でこのキーボードを購入しましたので、全く問題ありませんでした。

 

 

このように重量が重いとなると良くないように思われがちですが、私の場合むしろありがたいです。

というのも、これだけ重みがあると激しくタイピングをしても動かないんですよね。

 

背面にグリップがあるので、この重みも加わってタイピングでキーボードが動いてしまうというようなことはありません。

 

キーを取り外す

 

Qtop メカニカルキーボードを購入すると、以下のようなアイテムが付属しています。

img_15510

 

この画像のように、キーボードのキーをはめ込んで引っ張ることによって、キーを取り外すことができるようになっています。

これでキーの下を掃除したり、キー本体を洗ったりもできると思います。

 

このようにしてキーを取り外すと見えてくるのが、先ほど紹介した「軸」になります。

img_155111

 

青軸ですね。この色が赤かったら赤軸になるそうです。

 

キーボードの掃除

 

キーボードは紹介した通り、取り外すことができるようになっているのですが、掃除のたびすべてのキーを取り外すのは大変です。

 

ですがキーの高さがある分、キーと基板の間に髪の毛が入ってしまったり、キーに埃がたまったりしてきます。

髪の毛や埃などの小さなゴミの場合は、いちいちキーを取り外すのではなく埃取りブラシを使うと良いかもしれませんね。

 

 

私は以下のようなアイテムを使用しています。

キーボード用かはわかりませんが…。

 

img_1561

 

※キーボードに使用できる埃取りにしてください。

このような手入れをこまめに行うことで、より長い期間使うことができると思います。

 

 

打鍵音

 

メカニカルキーボードを打鍵した時に、問題となるのが「」ですよね。

カチカチという音がなりますので、かなり大きな音が出てしまいます。

 

特にタイピングを頻繁に行う場合は、常にスイッチを押しているような音量になってしまいます。

オフィスや外出先などで使用する際には、周りの迷惑になってしまう可能性がありますので注意しましょう。

 

 

少し長くなりすぎてしまいましたので、続きは次回紹介します。

次回は、「USBタイプ」「USBに必要な奥行き」「チルトスタンド」「排水機能」「コードの収納」「Macでの使用」「耐久性」あたりを紹介していこうかと思っています。

 

ではまた。

Qtop 青軸メカニカルキーボード レビュー その2 >>