クリアメモリ

プログラミングやガジェットレビュー、便利なアプリケーションなど雑多に記録するブログ

【Mac】Windows用USキーボードは使えるの?JIS配列との違いについて

f:id:clrmemory:20171121102006p:plain

こんにちはクリアメモリです!

先日、QtopのWindowsUSキーボードを購入しました。

私はMacを使用しているので、Windowsキーボード、なおかつUS配列のキーボードが使えるのかなどを試してみました。

 

 

はじめに

 

今回紹介するUS配列のWindowsキーボードは、以下の記事で紹介しているのでUS配列を使ってみようと思っている方はお手頃価格なので参考にしてみてください。

 

www.clrmemory.com

 

こちらのキーボードは、Windows用(Mac対応)のUSキーボードになっています。

US配列というのは、キーに日本語が書かれておらず、記号などのキー配置が変わっているキーボードのこと。

 配置が変わるので、多少慣れが必要になりますが個人的には記号が入力しやすくなったと思っています。

 

MacでWindows用USキーボードを使用する上で、幾つか懸念する点がありましたので以下から見ていきましょう。

※実際にあるかわかりませんが、Windowsでしか反応しないキーボードでは使用できない点に注意してくださいね。

 

MacとWindows用USキーボードの違い

 

まずは、MacとWindowsキーボードの違い、さらにUSキーボードによる配置の変化をあげていきます。

  • commandキーがない
  • optionキーがない
  • windowキーがない
  • capslockの位置が違う
  • 英数、かなキーがない
  • Enterキーが小さい

MacでWindows用USキーボードを使用する場合、このような点がネックになってしまい購入せずにいる方もいるのではないでしょうか。

 

ではこれらの項目に関して、実際にMacで使用してみた結果を紹介します。

※場合によっては、別の無料アプリケーションを使用する必要があります

 

command option windowキーがない

 

過去にWindowsPCを使っていた方は、最初は戸惑ったことかと思います。

実はWindowsにはcommand optionキーなどがなく、CtrlキーやAltキーなどがあるんですよね。

  

これらについて説明していきます。

 

先日紹介したキーボードのように、Mac対応のWindowsキーボードであればキーが自動でMac用のコマンドに変換されるんですよね。

  • Ctrl           -> control
  • Window   -> command
  • Alt            -> option
  • CapsLock -> caps

このように変換されます。横から並べてみると、control command optionという順番になっています。

 

Macのキーボードと比べてみると、optionとcommandが逆になっているんですよね。

この辺りは対処しないと、使いづらくなってしまうので注意してください。

 

capslockの位置が違う

 

続いて、CapsLockの配置が違う点について説明します。

もともとあまり使われないCapsLockですが、こちらもある方法を行うことによってcontrolキーを割り当てることができます。

 

もちろんCtrlとCapsLockの両方をcontrolキーとして使うことができます。

ですので、CapsLockを使っていないという方はcontrolキーに割り当てて使ってみるのも良いかもしれません。

 

英数、かなキーがない

 

USキーボードを使用する場合、最も変化するのが「英数、かなキーが無い」という点だと思うんですよね。

 

Apple純正JIS配列キーボードの場合:

img_1562

 

Windows用US配列キーボードの場合:

img_1563

 

即席で撮影した写真ですが、これらの画像を見比べてみると「英数かなキー」が存在せず、その場所にAltキーが配置されています。

 

ただ、注意してもらいたいのが「Altが近いわけではなくスペースキーの幅が広い」んですよね。

日本以外では英数、かなキーは使用されないので、その分よく使用されるスペースキーが大きくなっているのだと思います。

 

では、US配列キーボードだと「英数 かなキー」が使用できないのかというとそうではありません。

Karabinerというアプリケーションを使うことで、commandキーを単体で入力した時に英数 かなに切り替えることができますよ。

 


追記:

Karabinerを使用してWindowsキーボードをMacキーボードと同じように使う方法について記事を公開しました。

 

JIS配列、US配列どちらの方法も紹介しています。

 

www.clrmemory.com

 

参考にしてみてください。


 

左のcommandだけを入力したら英数。

右のcommandだけを入力したらかな。といった具合で使用できます。

 

もちろんcommand + キーという使い方の場合は普通に使用できるので安心してください。

 

まとめ

 

長くなりすぎてしまったので、次回の記事で続きを紹介していこうと思っています。

 

次回の記事では「Enterキーが小さい」「commandとoptionを逆にする」「実際に使用してみて」あたりを紹介していこうと思います。

 

MacでWindows用のUSキーボードを使う方法|その2 >>

新着記事