クリアメモリ

プログラミングやガジェットレビュー、便利なアプリケーションなど雑多に記録するブログ

Macでエルゴノミクスキーボードを使う方法!Karabiner Elementsが超簡単で超便利!

f:id:clrmemory:20180202073717p:plain

こんにちはクリアメモリです!

今回は「Macでエルゴノミクスキーボードを使う方法」について紹介します。

Macで使うキーボードの選択肢というと、純正のキーボードやMacBookのキーボードを使っている人が多いのですが、実は「Karabiner Elements」というアプリを使うことでWindows用のキーボードを使うこともできちゃうんです。

 

はじめに

 

今回紹介するのは「Macでエルゴノミクスキーボードを使う方法」についてです。

動作環境は「Sierra」で確認しており、High Sierraで動作するかは未確認なので注意してください。

 

f:id:clrmemory:20180202072417p:plain

 

ちなみに、今回カスタマイズするにあたって使用したキーボードは「Microsoft Natural Ergonomics Keyboard

過去にレビュー記事も執筆しているので、興味のある方はチェックしてみてください。

www.clrmemory.com

 

 

使用するアプリ

 

今回の方法で使用するアプリは「Karabiner Elements」というアプリケーションです。

 

github.com

 

過去にマウスやキーのカスタマイズ記事で紹介した「Karabiner」とは違い、MacOS Sierraに対応させたのが「Elements」

似たようで別のアプリなので間違えないでくださいね。

 

JISかUSかを設定する

 

使いたいエルゴノミクスキーボードによっては「配列がUS」の場合もあります。

 

Karabiner Elementsでは、JISキーボードとして使うかUSキーボードとして使うかを簡単に設定できちゃうんです。

Karabiner Elementsを起動し、メニューバーのアイコンをクリックすると表示される項目の中から「Preferences...」をクリックしましょう。

 

f:id:clrmemory:20180202072455p:plain

 

Virtual Keyboard」という項目があるので表示します。

 

f:id:clrmemory:20180202072534p:plain

 

ここで「JIS」と「US」のどっちを使いたいかを選択しましょう。

例えば、私のようにUS配列(英語配列)を使いたい場合は、「ANSI」を選択します。

 

f:id:clrmemory:20180202072547p:plain

 

かな・英数キーを設定

 

WindowsキーボードとMacキーボードの違いで、もっとも大きな部分は「英数・かなキーがあるか」だと思います。

これによって日本語と英語を切り替えられるので、Macユーザーからしたら必須の機能ですよね。

 

f:id:clrmemory:20180202073206p:plain

 

Karabiner Elementsなら、英数・かなキーも簡単に設定できちゃいます。

今度は「Complex Modifications」を選択してください。

 

f:id:clrmemory:20180202073301p:plain

 

左下の「Add rule」をクリックすると以下のような項目が表示されます。

 

f:id:clrmemory:20180202073321p:plain

 

ここから「Import more rules from the Internet (open a web browser)」を選択します。

ブラウザ(Chromeなど)が開くと思います。

 

検索機能(Command + F)などを使って「For Japanese (日本語環境向けの設定) (rev 3)」という項目を探してください。

 

f:id:clrmemory:20180202073328p:plain

 

これを「Import」します。

以下のダイヤログが表示されますが「Karabiner-Elementsを開く」でOK

 

f:id:clrmemory:20180202073344p:plain

 

Karabiner Elements側でポップアップが表示されるので「Import」をクリックします。

うまくいけば「Imported」と表示されたはず。

 

f:id:clrmemory:20180202073415p:plain

f:id:clrmemory:20180202073438p:plain

 

これで「Complex Modification」のルールに「For Japanese」が追加されました。

 

f:id:clrmemory:20180202073459p:plain

 

追加したいルールの「Enable」をクリックすれば良いのですが、ここでは「コマンドキーを単体で押した時に、英数・かなキーを送信する。(左コマンドキーは英数、右コマンドキーはかな)」だけでOK。

以下のようにルールが追加されていれば「英数・かなキー」が使用可能です。

 

f:id:clrmemory:20180202073621p:plain

 

無変換・変換キーをCommandに

 

続いて無変換・変換キーに、先ほど追加した「英数・かなキー」を設定しましょう。

Simple Modifications」を開いてください。

 

f:id:clrmemory:20180202073636p:plain

 

追加するアイテムは以下。

From key To key
PCキーボードの無変換キー left_command
PCキーボードの変換キー  right_command
left_command left_option
left_option left_command

 

とりあえず必要なのは、この4つだけ。

 

f:id:clrmemory:20180202073647p:plain

 

追加できたらMacでエルゴノミクスキーボードが使えるようになっているはずです。

無変換キー(Left_Command)を押せば英数に、変換キー(Right_Command)を押せば日本語に切り替えられましたか?

 

まとめ

 

今回紹介した方法を使えば「Macでもエルゴノミクスキーボードが使える」ようになります。

Mac専用のエルゴノミクスキーボードっていうのは見たことがないので、どうしてもエルゴノミクスキーボードが使いたいという方は、ぜひKarabiner Elementsを使ってみてください。

www.clrmemory.com

 

ちなみに、私のように気分でキーボードを使い分ける人は、Target Deviceを変更すれば「どのキーボードで動作するか」も設定できるので試してみてください。

ではまた。

新着記事