クリアメモリ

プログラミングやモーショングラフィックス、便利なアプリケーションなど雑多に記録するブログ

【iPadPro】iOSアプリ申請に必要なスクリーンショット

f:id:clrmemory:20170422154424p:plain 

先日、AppleからiPad Proが発表されました。(2015/10/25現在)

それに伴って、アプリを申請するときに必要なスクリーンショットにiPad Pro用の項目が増えていました。私のアプリは一応iPad対応なので、どうせならとスクリーンショットを追加することにしました。

 

 

 

はじめに

 

先ほどもお話しした通り、iPad Pro用のスクリーンショットという項目が増えています。

 

スクリーンショット 2015-10-25 11.21.47

 

今までiPad用で使っていたスクリーンショットを追加しようとしたのですが、このような警告が出ました。

 

 

このエラーは、スクリーンショットのサイズが合っていない時などに出てくる警告です。

 

iPad Proのスクリーンショット

 

今までのiPadでは 768*1024のサイズでスクリーンショットを登録できました。

 

iPad Pro以外のスクリーンショットのサイズは[iOSアプリ] 申請時に必要なスクリーンショットのサイズと設定から確認してください。

 

https://clrmemory.com/mac/ios-apps-screenshot-size-p1/

 

 

今までではApple製品のタブレット端末ではiPad Airが最も大きなサイズだったのですが、今回のiPad Proのスクリーンショットサイズはかなり大きくなっていました。

Apple公式の端末サイズ比較にもあるように2倍とはいきませんが、相当大きいサイズになっています。 そうなると当然スクリーンショットのサイズも変わってきます。

 

必要なスクリーンショットのサイズ

 

では実際に、どのようなサイズのスクリーンショットを用意すれば良いかというと…

 

2732 * 2048となっています。

(Width * Height   ←iPadProを横向きに持った場合)

Widthが横幅、Heightが縦幅となっています。

 

 

ですので、縦画面用のスクリーンショットをとる場合、Width = 2048、Height = 2732というようにします。今までiPadのスクリーンショットは750 * 1024だったので当然使えませんね。

サイズはわかったので、次はスクリーンショットとして表示したい画像のサイズを変更しましょう。

 

画像のサイズを変更

 

iOSアプリ申請に必要なスクリーンショットのサイズ [iMage Tools編]という記事で詳しく書いてあります。

 

https://clrmemory.com/mac/ios-apps-screenshot-size-p1/

 

 

ここに書いてある通り「iMage Tools」というアプリを使うと、まとめて変換できるのでとても楽になります。また、iMage Toolsはapp storeからダウンロードできるアプリなので安心して使うことができます(2015/10/25現在 確認)

 

iMage Toolsで画像をiPad Pro用のサイズに変換できたらiTunes Connectにアクセスし、画像を設定しましょう。

 

先日、iTunes Connectにログインできなくて、本気で焦りました

皆さんも注意してください↓↓

 

https://clrmemory.com/mac/itunesconnect-account-lock/

 

まとめ

 

スクリーンショットの確認が取れたら、いよいよ審査へ提出しましょう。作ったアプリがiPadに対応している場合は、スクリーンショットを設定しておいて損はありません。

できる限り、画像を指定したほうが良いですね。そして、おもしろいアプリをどんどん作っていきましょう。

 

ではまた。