クリアメモリ

プログラミングやガジェットレビュー、便利なアプリケーションなど雑多に記録するブログ

【iPhone】手書き入力モードを追加すれば読めない漢字も検索できる!アプリ不要

f:id:clrmemory:20171121143010p:plain

こんにちはクリアメモリです!

みなさんは読めない漢字があった時、どのようにして調べますか?

手書き機能付きの電子辞書を使ったり、カンで読み方を検索してみたり...

 

実は、iPhoneに「手書き入力モード」を追加することで、たいていの漢字を手書きで入力できるようになるんです。

漢字が読めなかったら、手書きで直接検索しちゃいましょう。

 

はじめに

 

今回紹介する「iPhoneに手書き入力モードを追加する方法」を使えば、漢字が読めなかった時に手書きで検索できるようになるんです。

 

例えば、「真鍮」

この漢字の読み方わかりますか?

 

答えは「しんちゅう」

真鍮(しんちゅう)というのは、黄銅の別名で「亜鉛」と「銅」の合金のことで、5円玉の素材にもなっているとか。

 

さて、”鍮”のように、単語の読み方も別の読み方もわからない場合、どうやって調べますか。

 

・電子辞書?

・当てずっぽう?

・諦める?

 

iPhoneなら、手書き入力で検索するだけ。

1発で調べられるんです。

 

専用アプリは不要!

 

iPhoneで手書き入力をしようとしても、初期状態のキーボードにそれらしい機能はありませんよね。

 

f:id:clrmemory:20171106232322p:plain

 

かといって、専用の別アプリが必要になるのかというと、そうではありません。

実は、iPhoneの設定で手書き入力用のキーボードを追加するだけで、手書き入力で漢字を検索できるようになるんです。

 

手書き入力モードを追加する

 

では実際に、手書き入力用のキーボードを追加していきましょう。

iPhoneの「設定」アプリを開いてください。

 

設定 > 一般 > キーボード

と進みましょう。

 

その中にある「キーボード」という項目をクリックします。

 

f:id:clrmemory:20171106232447p:plain

 

普段使っているキーボードによって変わりますが、「フリック」や「英語」キーボードなどが表示されていると思います。

 

f:id:clrmemory:20171106232524p:plain

 

新しいキーボードを追加...」をクリックすると、iPhoneで入力するときのキーボードを追加できるようになりました。

 

f:id:clrmemory:20171106232758p:plain

 

ここでは、一番下にある「中国語(繁体字)」を選択してください。

 

f:id:clrmemory:20171106232925p:plain

 

どのようなキーにするかを設定できるので、「手書き」を選択します。

 

f:id:clrmemory:20171106233007p:plain

 

実は、手書き入力は「中国語キー入力」の機能だったのですね!

 

とはいっても、中国語しか検索できないわけではなく日本の漢字も検索できます。

今まで検索して表示されなかった事はないので、たいていの漢字は見つかると思います。

 

実際に入力してみる

 

では、実際に手書き入力してみましょう。

先ほど例に取った「真鍮」を手書きしてみました。

 

f:id:clrmemory:20171106233054p:plain

 

手書きなので、ごちゃごちゃした漢字は書きづらいですが、意外と認識してくれます。

もし「鍮」の右下がわからなかったら、ぐちゃぐちゃに書いてもヒットするかもしれません。

 

f:id:clrmemory:20171106233148p:plain

 

あとは、このまま検索すれば、Google先生が読み方や意味を解説してくれるはず。

ちなみに、書き順も適当でOKです。

 

キーボードが使いづらくなるわけではないので、必要になったときのために、とりあえず設定しておくのもアリだと思います。

 

まとめ

 

今回紹介した「iPhoneで手書き入力する方法」を使えば、読み方がわからない漢字でも、見たまま手書きで調べられるようになりました。

www.clrmemory.com

 

初めて見る漢字や読めない漢字が出てきたときのために、ぜひ設定してみてください。

ではまた。

新着記事