クリアメモリ

プログラミングやガジェットレビュー、便利なアプリケーションなど雑多に記録するブログ

【OnePlus5T スペック紹介】大人気の最強アンドロイド!OnePlus5と比較してみた!

f:id:clrmemory:20171212120416p:plain

こんにちはクリアメモリです!

今回は、最強アンドロイドスマホ「OnePlus5T」のスペックを紹介します。

最近発売された新モデルで、前モデル(OnePlus5)のスペックや、欠点だった「ゼリースクロール(Jerry Scroll)」は改善されたのかなどについても比較していこうと思います。

はじめに

 

今回紹介するアイテムは「OnePlus5T」です。

本記事はGearBest様よりご依頼いただいて執筆しております。

 

OnePlusは中国の企業なのですが、高いスペックかつ価格が控えめなスマホになっています。

GearBestでも取り扱っているのでチェックしてみてください。

 

Check!!
OnePlus5T 4G Phablet International Version - BLACK
詳細をチェック

 

また、前モデルにあった「ゼリースクロール」も改善されているので見ていきましょう。

 

スペック・仕様

 

OnePlus5Tのスペックはこんな感じ!

 

項目 詳細
画面サイズ 6.01インチ
解像度 1080P ( 2160 x 1080 pixels ), 401ppi
アスペクト比 18:9
画面タイプ AMOLED
対応 sRGB, DCI-P3
画面ガラス 2.5D Corning Gorilla Glass 5
CPU Snapdragon 835 オクタコア 2.45GHz
OS OxygenOS based on Android 7.1 Nougat
メモリ+ストレージ 8GB + 128GB(6GB + 64GB)
カメラ 16.0MP前面 + 20.0MP + 16.0MP背面
センサー 指紋認証, 磁気センサー, 加速度センサー etc...
SIMカード dual SIM dual standby. 2 Nano SIM card
対応 GPS, GLONASS, BeiDou, Galileo, NFC
Bluetooth 5.0
ネットワーク 以下
2G GSM 850/900/1800/1900MHz CDMA BC0
3G WCDMA B1/B2/B4/B5/B8 TD-SCDMA Band 34/39
4G FDD-LTE Band 1/2/3/4/5/7/8/12/17/18/19/20/25/26/28/29/30/66 TDD-LTE Band 34/38/39/40/41
技適 -

 

 

技適(技術基準適合証明)マークはついていないので、使用は自己責任でお願いします。

では、いくつか噛み砕いてみていきましょう。

 

OSはアンドロイド

 

f:id:clrmemory:20171211203726p:plain

 

OnePlus5TはAndroidOSを搭載しているため、GooglePlayを使ってアプリをインストールできます。

この辺りは問題ないですね。

 

画面サイズ

 

OnePlus5Tは、画面のサイズが「6インチ」になっています。

OnePlus5が「5.5インチ」だったので、ちょっとだけ大きくなった感じです。

 

f:id:clrmemory:20171211203843p:plain

 

ちなみに最近発売された「iPhone X」が5.8インチなので、思ったより大きいかもしれません。

 

比率と解像度

 

f:id:clrmemory:20171211204030p:plain

 

OnePlus5Tのアスペクト比は「18:9」の縦長ディスプレイです。

また、解像度は「1080p(2160 * 1080)」なので、動画視聴や漫画を読むときにも快適に使えそうですね。

 

メモリは2モデル

 

OnePlus5Tは、2種類のモデルが用意されています。

RAM 6GB」と「RAM 8GB」があり、メモリ以外に「ストレージ容量」にも差が出てきます。

 

f:id:clrmemory:20171211204834p:plain

 

6GBモデルのストレージは「64GB」で、8GBモデルは「128GB」です。

こちらも用途に合わせて選択してください。

 

オンスクリーン

 

OnePlus5Tのホームボタンや戻るボタンは、オンスクリーンになっています。

つまり、ホームボタンを押して戻るというよりは、タップして戻るといった感じです。

 

f:id:clrmemory:20171211204245p:plain

 

ですがその場合、指紋認証はどうなるのでしょうか。

その点も安心。指紋認証パネルも搭載しているんです。

 

指紋認証に対応

 

OnePlus5Tは、指紋認証パネルが背面に移動しています。

 

f:id:clrmemory:20171211204357p:plain

 

これに関して、使い勝手はどうなのかわかりませんが、オンスクリーンホームボタンなのに指紋認証にも対応しているのはありがたいですね。

 

デュアルカメラ搭載

 

デュアルカメラを搭載したことで、より綺麗な写真を撮影できるようになりました。

 

f:id:clrmemory:20171211204500p:plain

 

さらに、2つのカメラを使うことで、ピントの位置をずらして撮影できるようになったとか。

 

たとえば、人物にピントを合わせて背景はぼかすといった写真が撮れるということです。

普段持ち歩くデバイスで、こだわりの写真が撮れるのはいいですね。

 

さらに、背面カメラは「20.0MP + 16.0MP」と、驚異のカメラ性能になっています。

 

日本語対応

 

OnePlus5TのOSは日本語に対応しているようです。

 

f:id:clrmemory:20171211200338p:plain

 

日本語で利用できるのはありがたいです。

ではここからは、前モデル「OnePlus5」との比較を見ていきましょう。

 

画面サイズが大きく

 

まず大きく変わったのが「画面サイズ」

 

先ほど軽く紹介しましたが、OnePlus5Tの画面サイズは「6インチ」でしたね。

前モデルの OnePlus5は5.5インチだったので、ちょっとだけサイズアップです。

 

f:id:clrmemory:20171211203843p:plain

 

また、画面が縦に大きくなった分、解像度も変化しています。

 

オンスクリーンになった

 

先ほど紹介した通り、OnePlus5Tのホームボタンは「オンスクリーン」になりました。

OnePlus5は、静電式のホームボタンだったので、このあたりは好みが分かれそうです。

 

f:id:clrmemory:20171211205718p:plain

 

画像はOnePlus5。

 

ゼリースクロールが改善

 

OnePlus5は「ゼリースクロール」が発生することで問題になっていたのですが、新発売の「OnePlus5T」では改善されているようです。

ゼリースクロール自体は、ディスプレイを反転して取り付けていたために発生していたのですが、OnePlus5Tは普通の向きで取り付けてあります。

 

そのため、欠点だったゼリースクロールが発生しないということですね。

 

価格が安い

 

ここまで紹介してきて、OnePlus5Tはスペックや扱いやすさを見てもかなりオススメなAndroidスマホでした。

さらに、価格も控えめなんです。

 

Check!!
OnePlus5T 4G Phablet International Version - BLACK
詳細をチェック

 

6GBモデルであれば「約6.5万(GearBest価格)」円。

8GBモデルでも「約7万円」でした。(執筆時)

 

Check!!
OnePlus5T 4G 128GB ROM Phablet International Version - BLACK
詳細をチェック

 

日本のスマートフォンは、ものによって10万円前後するなか、OnePlus5Tは圧倒的に安く手に入りますね。

それでいて高スペックなので、かなり快適に使えるのではないでしょうか。

 

クーポン情報あり

 

GearBestでは、OnePlus5Tのクーポンが発行されています。

300台限定ですが、購入検討している方はチェックしてみてはいかがでしょうか。

www.clrmemory.com

 

新色レッド追加!

 

GearBestにて、OnePlus5Tの新色「赤」が発売されました。

興味のある方はチェックしてみてください。

www.clrmemory.com

 

まとめ

 

今回紹介したように「OnePlus5T」は、スペック・価格から見てもかなり高性能なアンドロイドスマホだと感じました。

www.clrmemory.com

SIMにも対応しているので、ハイスペックなアンドロイドを探していた方はぜひ検討してみてください。

ではまた。

新着記事